次期「iPhone8」の価格はおもったより高くないかも!?

次期「iPhone8」は様々な新機能の搭載や、内部構造の大きな変化から、原価コストが大幅に上がると言われています。それに伴い、「iPhone8」本体の価格もあがると言われています。今回、「iPhone8」の価格に関して最新情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

思ったより価格が上がらないかも!?

 

MacRumorsによると、USBのアナリストであるSteven Milunovich氏によれば、次期「iPhone8」と当初予想されていた、最低価格が「10万円」ではなく、最低価格は、「$850~$900」(日本円で約9万3000円〜9万9000円)程度になるのではないかと報告しています。

次期「iPhone8」の容量構成は現時点で詳細は分かっていませんが、少なくとも「64GB」と「256GB」の容量は予測されています。Steven Milunovich氏によれば、エントリーモデルである「64GB」モデルが、「$850」程度の価格になるのではないかと予測しています。

また、事前情報では、「iPhone8」の液晶サイズは「5.8インチ」程度になれており、先日発表された「Galaxy S8」シリーズが価格決定においてのポイントとなるとされています。「Galaxy S8」は「5.8」インチで、「Galaxy S8+」は「6.2インチ」です。このことからも、「Galaxy S8+」以上の価格になることは考えにくく、「Galaxy S8+」と同程度の価格になると考えられます。

何より、「6.2インチ」の液晶サイズをもつ「Galaxy S8+」以上の価格を設定してしまった場合、「5.8インチ」の液晶サイズになるといわれている「iPhone8」は、どうしてもユーザーからみると割高に感じてしまいます。

 

最後に

どちらにせよ、当初の予測されていた価格よりは安くても、日本円で「約9万3000円」と決して安くはなく、やはりプレミアムな価格設定です。単純に考えれば、「256GB」モデルはさらに、2万円程度価格がプラスされると考えられます。

Appleが、iPhoneの原価率を大幅に変更することは考えにくく、「Galaxy S8」の発売以降の価格の動向に合わせて、「iPhone8」の価格をさらに下げるということは考えにくいです。ただ価格以上に、まず、発売が遅れるという情報もあります。詳細は、「次期「iPhone8」まで発売が遅延か!?」をご参照ください。

 

スポンサードリンク



 

LINEでも配信を始めました。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧