Xiaomi「Mi 6」の化粧箱がリーク!日本進出も!?

当初4月の発表が予定されていたXiaomi「Mi 6」ですが、正式発表が5月中とされています。今回まだ発表されていない「Mi 6」の化粧箱がリークしたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

最上位モデルの化粧箱がリーク!

 

GizmoChinaによると、5月に発表を予定しているXiaomiの次期フラッグシップモデル「Mi 6」の化粧箱がリークしたことを報告しています。上記の写真が、今回リークした化粧箱になります。上記の写真からスペックを読み取ることができます。

  • CPU: snapdragon835
  • RAM: 6GB
  • ROM: 128GB
  • 液晶: 5.15インチ
  • 指紋認証: 対応
  • メインカメラ: 3000万画素
  • インカメラ: 800万画素
  • 電池容量: 4000mAh
  • 充電規格: USB-C

ちなみに、現行機種である「Mi 5」は3つのモデルに分かれています。Standard Edition(標準モデル)、Prime Edition(上位モデル)、Pro Edition(最上位モデル)の3種類です。今回のリークした化粧箱に記載されているスペックからも、Pro Edition(最上位モデル)と考えられます。

特に気になるのは、メインカメラの「3000万画素」です。「3000万画素」の大台にのったのは「Mi 6」が初めてではないかと思われます。ただ採用されているイメージセンサーにもよりますが、高画素=綺麗ではないので、これは実機によって撮影された写真を確認するまでは何とも言えません。

 

スポンサードリンク



 

Xiaomiの日本進出が確定!

 

海外メーカーの日本代理店として知られるTJCが、Xiaomiの正式な代理店に決定したことをTwitterでツイートしていることが判明しました。このことから、日本市場に「Xiaomi」が進出してくることになります。

 

 

SIMフリーの市場が近年活発化してきたとはいえ、まだまだ市場規模が小さい日本市場ですが、Xiomiにとっては絶好のチャンスだと考えられます。どうしても中華系のスマートフォンは「安かろう悪かろう」のイメージがありますが、Xioamiは、ハイスペックで、コストパフォーマンスはかなり優れている端末をかなりリリースしています。

発表当時は驚愕のベゼルレスデザインで話題をよんだ「Mi Mix」も次世代モデルの開発が進んでいると言われています。この「Mi Mix 2」の日本市場への展開も期待したいところです。Xiaomiの日本進出で、国内のSIMフリー端末の勢力図も大きく変化しそうです。今後の動向に要注目です。

 

スポンサードリンク



 

LINEでも記事更新の通知を始めました。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧