次期「iPhone8」はTrue Toneディスプレイを搭載か!?

次期「iPhone8」は、「有機ELディスプレイ」を搭載するとい言われていますが、今回、「液晶」に関する新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

次期「iPhone」はTrue Toneディスプレイを搭載か!?

 

9to5 Macによると、 Barclaysからの投資家の報告によると、今年発表される「iPhone8」・「iPhone7s」・「iPhone7s」のすべての機種に「True Toneディスプレイ」を搭載すると報告しています。現行で、「True Toneディスプレイ」を搭載しているのは「iPad Pro9.7インチ」モデルのみです。

 

「True Toneディスプレイ」

先進的な4チャンネルの環境光センサーを使い、周囲の光に合わせてディスプレイの色と明度を自動的に適応させます。これにより、まるで紙を見ているかのように、より自然に、そして快適に読むことができます。

 

「True Toneディスプレイ」の搭載によって、周囲の環境の光とディスプレイが同調してくれるため、液晶が自然に感じるのに加えて、目が疲れにくなるとも感じます。ただ、実際「iPad Pro9.7インチ」モデルを使ってみて、「Ture Toneディスプレイ」の恩恵をそこまで受けているというふうにも感じてしまいます。

また、Barclaysからの投資家の報告によると、次期「iPhone8 」のカメラには、「3Dセンサー」が搭載されるとしています。「アウトカメラ」・「インカメラ」の両方に「3Dセンサー」を搭載することによって、インカメラは「顔認証」機能として、アウトカメラは「AR」機能するようです。

事前情報においても、次期「iPhone8」は「3Dセンサー」を搭載するといわれていました。詳細は、「次期iPhoneは「顔認証システム」を搭載か!?」をご参照ください。また、先日は発表された「Galaxy S8」は、従来の指紋認証に加えて、新たに「虹彩認証」・「顔認証」を搭載しています。

このことからも、Appleとしては、プレミアムモデルである「iPhone8」には、「虹彩認証」か「顔認証」どちらかは最低でも搭載したいと考えられます。さらに、今年に入って、よりAppleが「AR」に関した動きを活発化させています。ティムクックCEOの発言からも、何かしらの形で、「iPhone8」に「AR」機能を搭載させてくると期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧