• HOME
  • ブログ
  • Mac
  • 今年後半に発表される新型「iMac」のスペックが判明か!?

今年後半に発表される新型「iMac」のスペックが判明か!?

先日、一部のジャーナリストとAppleの幹部のみ、次期「Mac Pro」や次期「iMac」の簡単な発表会が行われました。先日の情報では、新型「iMac」は「今年後半」に発売される程度でしたが、今回、新型「iMac」に関するスペックがリークしたのでまとめたいと思います。詳細は、「Appleが新型「iMac」と新型「Mac Pro」について発表!?」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新型「iMac」はプロ仕様に!?

 

Pike’s Universumによると、Appleは、次期「iMac」を今年の10月頃に発売すると報告しています。また、発売時期のみならず、スペックについても言及しています。

Pike’s Universumによれば、次期「iMac」のCPUはIntel製「Xeon E3-1285 v6」プロセッサを選択可能になるということです。また、RAMも標準で「16GB」が搭載され、オプションで、「32GB」もしくは「64GB」までアップグレード可能になると報告しています。RAMに関しては、次期「MacBook Pro」が、オプションで「32GB」まで対応すると予測されており、次期「iMac」が「64GB」に対応しても何らおかしくはありません。

今回、ストレージについても言及しており、最大2TBの「NVM Express対応SSD」を採用し、より処理速度が向上し、容量に困ることも少なくなりそうです。また、AMD製GPUを搭載し、VRやプロ用のアプリをより円滑にサポートできるようにするとされています。

今までの「iMac」は、ハイスペックではありましたが、どうしてもプロ仕様をイメージをすると「Mac Pro」というイメージでしたが、今回の情報が正しければ、次期「iMac」は、クリエイターでも十分満足できるスペックに大幅に強化されることになります。

また、先日の発表会でもAppleは、「Mac Pro」用の「ディスプレイ」を開発していることに言及していましたが、今回の情報では、「Mac Pro」用の「ディスプレイ」は「8K」に対応するとされています。このことからも、今回の情報では触れられていませんが、次期「iMac」の表示解像度は、「5K」を維持するのか、「Mac Pro」用「ディスプレイ」と同じく「8K」に対応するのか気になります。

 

最後に

Appleのデスクトップシリーズは、近年まともなアップデートがされておらず、特に「Mac Pro」に関しては、先日マイナーアップデート版が発表されたとはいえ、約3年アップデートされていません。新しくモジュラー構造を採用した次期「Mac Pro」が楽しみではありますが、まずは今年後半にでてくる次期「iMac」を楽しみに待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

LINEでも記事更新通知を始めました。よければお友達登録して下さい。

友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧