Apple次期「Apple Watch」に3Dデジタルクラウンを搭載か!?

先日のサイレントアップデートで、新しいバンドが多数発表されましたが、「Apple Watch」本体のアップデートはありませんでした。次期「Apple Watch series3」の情報が徐々に出てきている中、今回、また新たな特許が明らかになったのでまとめたいと思います。新しいバンドに関しては、「「Apple Watch」用新バンドが発売!Nikeモデルも!」をご参照下さい。

 

スポンサードリンク



 

新しいデジタルクラウンを開発中か!?

 

Appleの特許関連の情報に精通しているPatently Appleによると、Appleは、「Apple Watch」に搭載されているデジタルクラウンに「3D」機能を搭載させようとしていることが、米国特許商標庁によって公開された特許によって判明したことを報告しています。

今回、公開された特許によれば、デジタルクラウンに新しいセンサーを搭載することによって、「スクロール」や「拡大・縮小」を、デジタルクラウンの「回転の方向」や「回転数」によって、より微細にかつ可能になるとしています。また、回転の他にも、「傾き」も検出できるようになり、ユーザーインターフェイスが大きく変わる可能性があります。

また今回の特許では、Apple Watchが例にあがっていますが、同様の技術を、他のiOSデバイスに搭載することは可能であると指摘しています。現時点で、この特許が、どこまで、ユーザーインターフェイスを変化させるかは判然としません。しかし、現行のデジタルクラウンでは、操作性に限度があり、私個人的には、そこまで使用頻度も高くありません。

タッチパネルを除いて、唯一の入力機構である、「デジタルクラウン」をどう変えてくるのか非常に楽しみです。一方で、今回の特許とは別に、「Apple Watch series 3」の情報が徐々に出てきています。特に現段階での情報で、最大の目玉となる機能は「LTE」接続に対応する可能性が高いということです。詳細は、「やはり次期「Apple Watch series3」にWi-Fi Cellularモデルが追加か!?」をご参照下さい。

また他にも、Apple Watch本体とセットである「バンド」に関しても新しいセンサーが搭載される可能性があります。詳細は「次期「Apple Watch」用スポーツバンドがリークか!?」をご参照ください。

「Apple Watch series2」は過去最高の売り上げを記録したとされており、ユーザーの認知度も徐々に上がってきています。Appleはこの波にのるために、次期「Apple Watch series3」で、「Apple Watch」に大きな革新をしてくるとも考えられます。

 

スポンサードリンク



 

新しくLINEでの配信通知も始めました。よければお友達登録してみて下さい。
友だち追加

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧