Apple次期「iPad Pro」の発表を準備中か!?

事前情報では、3月に次期「iPad Pro」と廉価版のiPadが発表されるとされていました。しかし、先日のサイレントアップデートでは、廉価版である「新型iPad」のみしか発表されませんでした。今回、新型「iPad」のログが判明したため、次期「iPad Pro」についてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

新型「iPad」のログが判明!

 

今月中旬に、新しく4つのiPadのログが判明しています。詳しくは、「次期「iPad Pro10.5インチモデル」準備完了!発表を待つだけ!」をご参照ください。今回、Mac Rumorsによると、先日発表された「新型iPad」のアクセスログが判明したことを報告しています。

今回判明したログは、Wi-Fiモデルが「iPad6,11」、Wi-Fi + Cellularモデルが「iPad6,12」となっており、先日リークしたアクセスログと一致しないことが判明しました。

また、現行のiPad Proのログは、12.9インチiPad Pro(Wi-Fi)「iPad6,7」、12.9インチiPad Pro(Wi-Fi + Cellular)「iPad6,8」、9.7インチiPad Pro(Wi-Fi)「iPad6,3」、9.7インチiPad Pro(Wi-Fi + Cellular)「iPad6,4」となっており、新型iPadを含めて、前回リークしたアクセスログとは一致しません。

また、前回リークしたアクセスログは、「iPad7.0」シリーズということから、次期「iPad Pro」シリーズと考えて間違いないと思われます。

 

スポンサードリンク



 

iPad Pro「10.5インチ」モデルの生産開始か!?

 

Forbesによると、IHS Markitのアナリストである Rhoda Alexanderが、「今月中に、iPad Pro「10,5インチ」モデルの生産が開始している。また、早ければ4月に発表される可能性がある」と報告しています。

Rhoda Alexanderによれば、「初期生産」の数は限定的だが、Appleは過去の状況からみても、生産を強化することに長けている。そのため、初期の販売国を限定することで、早い段階で発売することができる」と発言しています。

今回の情報が正しければ、今月末にアップデートをしたばかりで、4月にイベントを開催することになります。ちょっと現実味がないように思えます。しかし、いまだに「iPad Pro12.9インチ」モデルの在庫状況は不安定で、何かしらの動きがそう遠くない時期にあるのは間違いないと思います。

一方で先日「iOS10.3」が正式配信されました。詳しくは「Apple「iOS10.3」を配信開始!」をご参照ください。今回の配信では、β版に隠されていた、iPadの新機能が搭載されていません。詳しくは、「次期「iPad Pro」はより高精細な液晶を搭載か!?

や「iOS10.3の新機能!iPadで片手キーボードに対応か!?」をご参照下さい。

このことからも、時期的には、次期「iOS10.4」のリリース日周辺が妥当ではないかと思われます。そう考えると、6月前半になります。つまり、「WWDC2017」の開催時期になるわけです。ここ数年の「WWCD」ではハードウェアに関する発表は行われていませんが、期待しながら待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧