次期「Apple Watch」用スポーツバンドがリークか!?

先日のサイレントアップデートで「Apple Watch」用の新バンドが続々と発表されました。本体のシリーズ問わず、様々なバンドの中から、自分の好きなバンドを選べるのも「Apple Watch」の魅力です。今回、次期「Apple Watch」用のスポーツバンドに関する特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

スポーツバンドの特許が公開に!

 

Appleの特許関連情報に精通している「Patently Apple」によれば、Appleが、「Apple Watch」用の新しいスポーツバンドの特許が、米国特許商標庁によって公開されたことを報告しています。

今回公開された特許によれば、次期「Apple Watch」用のスポーツバンドは、通知や着信などを「バンドの色の変化」でユーザーに教えてくれるようになるとされています。また、この次世代のバンドは、ユーザーごとに、いくつか用意されている異なるセンサーを搭載することができるとされています。

特に、今回の特許は、スポーツバンドを焦点にしていることから、アクティビティ時における機能が強化されています。例えば、アクティビティ時の進捗や、「心拍数」などをバンド部分に表示すること可能性が高いと考えられます。また、例えば、水泳をしている時は、Apple Watchが、「水泳」をしていると判断し、水泳のアイコンのようなものが、バンドに表示されるとのこと。

これら、アイコンは、ユーザーにとって、Apple Watchが今どのような行動をモニターしているのか分かりやすくするために表示されるそうです。つまり、Apple Watchが、認識できる行動のパターンだけ、「アイコン」の数も増えると考えられます。

 

最後に

現行のApple Watch用のバンドは、「デザイン」が優先されていると考えられます。そこに機能性を持たせようと、「Nike」モデルなどが登場したと考えられます。

しかし、Appleは、バンド自体に「機能」を持たせようとしていることが今回の特許からはっきり分かりました。初代Apple Watchは、Appleが想定した、一部の「機能」・「センサー」をApple Watchに搭載することができなかったと言われています。

一方で、今回の特許から、「Apple Watch」本体で搭載できる機能やセンサーに限界があったとしても、バンドに搭載することで、その結果、複合的にAppleが求めている「Apple Watch」の機能になるのかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧