「Galaxy Note8」の詳細なスペックと設計図がリーク!

例年通りであれば、IFA2017で発表される見通しである「Galaxy Note8」ですが、今回設計図らしきものがリークしました。また合わせてスペックもリークしたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

設計図がリークか!?

 

Phone Arenaによると、今回、次期「Galaxy Note8」の設計図がリークしたと報告しています。上記の写真が今回リークした設計図ですが、「Galaxy S8」と非常に似たデザインになっていることが確認できます。アクスペクト比は、今年の主流になるといわれている「18:9」になる可能性が高いです。

また、今回の設計図から、液晶サイズが、「Galaxy S8+」より僅かに大きい「6.4」インチになると報告しています。また、表示解像度は、「3840×2160」の4Kに対応か、もしくは、「4428×2160」の「4K+」に対応する可能性があるとされています。

搭載が予測されるCPUは、「snapdragon835」もしくは、「Exynos」シリーズになると予測されます。まだテスト段階ではありますが、「Exynos9810」の存在が判明していることから、「Exynos9810」が搭載される可能性が高いと考えられます。このことから、「Exynos」を搭載した場合、「Galaxy S8」シリーズより高性能になる可能性が非常に高いです。

RAMに関しては、「6GB」になり、ROMに関しては、最大で「256GB」になる可能性が高いと予測されています。「Galaxy S8」でも、最上級モデルはRAMが6GBになると言われているので、次期「Galaxy Note8」で搭載してもおかしくないと考えられます。

そして、本体下部を確認してみると、「S-pen」の収納スペース、「USB-C」充電ポート、そして3.5mmイヤホンジャックを確認することができます。また本体上部には、SDカード/SIMスロット、そして本体左側面に、音声アシスタントシステム「Bixby」の起動ボタンを確認することができます。

 

最後に

「Galaxy Note8」は、「Galaxy S8」シリーズ以上に失敗が許されない機種となっています。また、「Galaxy S8」シリーズとどのような差別化を図るのかも非常に気になります。単純に「S-Pen」が付属していて、液晶が大きく「4K」に対応しているだけでは、価格次第では、「Galaxy S8+」と競合してしまいます。この辺をどうするのか、続報に期待です。

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧