iPad Proの価格改定に!?そしてさようならiPad mini4!

先日、Apple Storeのオンラインストアがメンテナンスに入り、サイレントアップデートという形で、いくつかの新商品が発売されました。このアップデートに伴い、既存のiPad達にもいくつかの変更点がでたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

iPad Proの価格が改定に!?

 

先日の新型「iPad」の発表で、既存モデルである「iPad Pro」の価格が改定されているのかまとめたいと思います。

まず、「iPad Pro9.7インチ」モデルからまとめたいと思います。

 

Wi-Fiモデル

  • 32GB: 本体価格6万2800円
  • 128GB: 本体価格7万2800円
  • 256GB: 本体価格8万2800円

Wi-Fi Cellularモデル

  • 32GB: 本体価格7万6800円
  • 128GB: 本体価格8万6800円
  • 256GB: 本体価格9万6800円

 

次に「iPad Pro12.9インチ」モデルについてまとめたいと思います。

Wi-Fiモデル

  • 32GB: 本体価格8万2800円
  • 128GB: 本体価格9万2800円
  • 256GB: 本体価格10万2800円

Wi-Fi Cellularモデル

  • 128GB: 本体価格10万6800円
  • 256GB: 本体価格11万6800円

Appleは、ラインナップの整理や、今回の新型の「iPad」を発表をした時などに、価格改定をする場合が多いので、今回改めてまとめてみました。その結果、価格の変更は一切ありませんでした。昨年の9月にiPhone7の発表時に価格改定が行われ、だいぶ安くなったので、今回も期待したのですが、安くなりませんでした。

また、現時点での「Apple Storeオンラインショップ」のiPadProの在庫状況も確認しましたが、「iPad Pro9.7インチモデル」に関しては、「在庫状況」が安定していますが、「iPad Pro12.9インチ」モデルは依然として、出荷まで「2〜3週間」となっており、不安定のままです。

今回のサイレントアップデートで、今後のAppleの動向が判然としませんが、「iPad Pro12.9インチ」モデルに何かしらの動きがあってもおかしくないので、今後の動向に注目したいところです。

 

スポンサードリンク



 

iPad miniのラインナップに変化が!

 

先日のサイレントアップデート後の、現時点のiPadのラインナップは上記の写真のようになります。まず変更点の一つ目として、「iPad mini2」がラインナップから消えました。2013年に登場した「iPad mini2」は終売したことになります。

その当時、小型タブレット市場で、人気を博していた「Nexus7」に対抗するため投入された「iPad mini Retina Displayモデル」ですが、その後、「iPad mini3」の登場で、名称が「iPad mini2」に変更されました。その後、「iPad mini4」が投入された以降も、「エントリーモデル」として併売されてきた「iPad mini2」が今回でついに役目を終えたことになります。

次の変更点は、「iPad mini4」の容量構成が変更されています。Wi-Fiモデル及び、Wi-Fi Cellularモデルの「32GB」がラインナップから消えています。今後は、「128GB」モデルのみ存続するようです。

また、今回の容量構成の変更で、「iPad mini4」の価格が変更されています。

Wi-Fiモデル

  • 128GB: 本体価格4万5800円(旧本体価格5万2800円)

Wi-Fi Cellularモデル

  • 128GB: 本体価格6万800円(旧本体価格6万6800円)

 

iPad mini4の「32GB」モデルが廃止されたことから、今後「iPad mini4」は終売へと向かうと考えられます。その後、「iPad mini5」として登場するのか、「iPad Pro7.9インチ」モデルとして登場するのかは判然としません。

 

最後に

iPad miniが廃止されることは避けて欲しいと思います。しかし、「iPad mini」という名称ではなく、「iPad Pro7.9インチ」モデルという名称になる可能性が高いと考えられます。また以前から噂されている「iPad Pro10.5インチ」モデルや「iPad Pro12.9インチ」モデルの続報も気になるところです。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧