「Galaxy S8」は3D Touch機能に対応か!?

発表を直前に控えている「Galaxy S8」ですが、以前としてリーク情報がでてきます。今回リークした「カメラ」と「液晶」の最新情報についてまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

「Galaxy S8」は感圧タッチディスプレイに対応か!?

 

Appleが初めてApple Watchに搭載した「感圧ディスプレイ」を、iPhoneシリーズでは「iPhone6s」で搭載しました。次期iPhone8ではより強化した「感圧ディスプレイ」が搭載されるといわれています。

今回、The Investorによると、SAMSUNGは、「Galaxy S8」に新型の「感圧式有機ELディスプレイ」を搭載するのではないかと報告しています。また、SAMSUNGは、次期「iPhone 8」に供給するための「感圧式有機ELディスプレイ」を開発中であり、先日のMWC 2017において、ごく一部の関係者に対して同技術のデモ披露は行われていたとも報告しています。

また、「画面全体」で「感圧タッチ」を使える可能性が高いとも報告しています。ちなみに、SAMSUNGは以前、「Huawei P9」に対しても、「感圧式ディスプレイ」を供給していた時があり、この時のディスプレイより、大幅に動作性が改善されているということです。

 

スポンサードリンク



 

「Galaxy S8」は、「1000fps」対応の高速撮影に対応か!?

 

Chosun Bizは16日(現地時間)、「Galaxy S8」シリーズは、1秒間に1000枚(1000fps)近い静止画を撮影することができる高速撮影に対応している可能性があると報告しています。

Chosun Bizによると、「Galaxy S8」シリーズに搭載される新型のセンサーは「Xperia XZ premium」や「Xperia XZs」に搭載されている新型のセンサーと同様で、画素部と回路部との間にDRAMが組み込まれている仕様になっているそうです。

「galaxy」シリーズに「ソニー製カメラセンサー」が搭載されてきたことは今までありますが、今回の「Galaxy S8」が現時点で「ソニー製のカメラセンサー」を採用するかどうかは判明していません。

今回の2点の情報が正しければ、次期「Galaxy S8」は、「iPhone」と「Xperia」のいいとこどりをしているハイスペックスマートフォンとなりそうです。ベゼルレスデザインの採用や「生体認証」機能の強化など、また対応バンドが多いことなど非常にユーザーにとって魅力的な存在になりそうです。正式発表で楽しみで待ち遠しいです。

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧