SONYがXperiaの新しいワイヤレス充電を開発中か!?

SAMSUNGの「Galaxy」シリーズなど、「ワイヤレス充電」に対応している機種もあり、次期iPhone8もワイヤレス充電に対応すると言われています。日本国内では、一時期富士通などのスマートフォンが「ワイヤレス充電」に対応していました。今回、SONYが新しい「ワイヤレス充電」を開発していることが判明したのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

デバイス間で充電が可能に!?

 

What A Future!!によると、SONYが新しいワイヤレス充電システムを開発していることが、米国特許商標局によって公開された特許によって判明したことを報告しています。

今回の公開になった特許は、スマートフォンをはじめとした、冷蔵庫、テレビ、パソコン、電子レンジなど、家庭用電化製品間で、「データ」や「電力」をワイヤレスで送受信する内容となっています。

つまり、他人のスマートフォンから、ワイヤレスで自分のスマートフォンを充電できることになります。その逆もしかりです。

このワイヤレス充電を行うには、少なくともスマートフォン本体に、「電力を伝達」するためのアンテナと、「データを転送」するためのアンテナの2つが必要になります。一方で後者における「アンテナ」はすでに搭載されています。それは「NFC」です。あとは、「電力を伝達」するためのアンテナを組み込むことで、この夢のような仕組みが完成するのです。

 

スポンサードリンク



 

WattUpの充電方法と似ている!?

 

 

今回の特許によると、「ワイヤレス」で充電する場合、「Wi-Fiスポット」を検索するように、任意の「デバイス」を選択し、互いのデバイスが接続することで、「ワイヤレス充電」が可能になるということです。

「iPhone8」は「WattUp」の「ワイヤレス充電」技術が搭載される可能性があると言われています。この充電技術は、起点となるスポットから、デバイスが電力を供給するという形になっています。今回のSONYの「ワイヤレス充電」と似ているようで似ていません。今回の特許のでは、自分のスマートフォンを「充電スポット」として設定することが大きな違いです。

 

 

この特許は2014年に申請されており、実際に商用されるかどうかは不明です。しかし、「NFC」が大きな鍵となりそうで、近年「NFC」を搭載しているスマートフォンがかなり増えてきています。また、今年の4月以降から出荷されるスマートフォンを基本的に「NFC type-F」を搭載さることが義務づけられています。

SONYにとって、今年を起点として大きな躍進を迎える可能性がありそうです。今回のワイヤレス充電や「FeliCa」のように、すばらしい技術をどんどん世界にアピールしていってほしいと思います。

 

[via ガジェット速報]

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧