次期「Google Pixel2 Ultra」の存在が判明か!?

先日、「Google Pixel」のユーザーから、Googleがフィードバックを募集していることから、次期「Google Pixel2」の開発が順調に進んでいると考えられます。今回、次期「Google Pixel2」の新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

次期「Google Pixel2」のコードネームが判明か!?

 

Android Policeによると、「Android Open Source Project」上に、「次期Google Pixel2」らしきコードが表示されているが判明したと報告しています。今回判明したコードにより、次期「Google Pixel2」のコードネームが判明したとも報告しています。「Google Pixle2」のコードネームが「Walleye (ウォールアイ)」となっており、「Google Pixel2 XL」のコードネームは「Muskie (マスキー)」となっていることを報告しています。

ちなみに、「Google Pixel」のコードネームが「Sailfish (バショウカジキ) 」となっており、「Google Pixel XL」のコードネームが「Marlin (マカジキ)」となっています。Googleは、Nexusシリーズ以降、魚からコードネームをとっています。

 

スポンサードリンク



 

 

大型画面を搭載した「Ultra」シリーズの機種も開発か!?

 

Droid Lifeによると、複数の情報源から得た情報として、Googleが2017年に発表する予定のスマートフォンは、「Google Pixel2」とGoogle Pixel2 XL」以外にもう1つのモデルが存在している可能性が高いと報告しています。また、そのモデルは「Taimen」というコード名で開発されていると報告しています。

 

また、この第3のモデルは、「Google Pixel XL」よりも「大型のモデル」になると報告しています。現行の「Google Pixel XL」が「5.5インチ」というサイズなので、「6.0インチ」以上のサイズになる可能性があります。さらに、このモデルは、「タブレット」ではなく、「スマートフォン」であり、「Google Pixel」シリーズとは別のラインナップになる可能性があるとも合わせて報告しています。

去年の年末に、廉価版と「Google Pixel2」シリーズと2つのラインナップになるとも言われていましたが、先日、Googleの幹部によって、「廉価版」の噂は完全に否定されましたが、今回の情報では、計3つの機種を開発していることが改めて判明したことになります。

 

最後に

一時期、「ファブレット」が流行りましたが、今は落ち着きをみせています。しかし、今回の「Google Pixel」のファブレットサイズや、一方でソニーも「Xperia Z Ultra」の開発を考えていると発言しており、今後は、「ファブレット」のラインナップが強化される流れるになるかもしれません。

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧