次期「iPad Pro10.5インチモデル」準備完了!発表を待つだけ!

次期「iPad Pro」のイベントが3月に開かれるのか、4月に開かれるのか、情報が錯綜しておりますが、一方で、次期「iPad Pro」の準備はほぼはもう完了しているようです。今回は、次期「iPad Pro」についての最新情報をまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

新しいログが発見される!

 

MacRumorsによると、Appleの本社キャンパスがあるクパチーノや近隣のベイエリアで次期「iPad Pro」とみられる4つの機種がテストされていることが判明したと報告しています。MacRumorsによると、今回の情報はモバイルマーケティング会社「Fiksu」のアクセスログに次期「iPad Pro」からとみられる機種からのアクセスがあった事から判明したと報告しています。

次期「iPad Pro」と思われれる機種の4つのログと、現行の「iPad Pro」シリーズの機種IDは「iPad 6.x」となっている事から、次期「iPad Pro」のラインナップをまとめると以下のように予測することができます。

 

iPad 7,1:iPad Pro 10.5インチ Wi-Fiモデル
iPad 7,2:iPad Pro 10.5インチ Wi-Fi+Cellularモデル
iPad 7,3:iPad Pro 12.9インチ Wi-Fiモデル
iPad 7,4:iPad Pro 12.9インチ Wi-Fi+Cellularモデル

 

先日、次期「iPhone8」の今までのリーク情報はあくまでも「プロトタイプ」の一つの情報にすぎず、実際に「iPhone8」に搭載されるスペックはほぼ確定していないとお伝えしましたが、一方で発表を直前に控えた次期「iPad Pro」の準備は完了していると考えてよさそうです。

また、今回のテストのログは、「iPad Pro10.5」インチモデルと、「iPad Pro12.9」インチモデルのみしか確認されていないことから、廉価版の「iPad 9.7」インチモデルは、新型というわけではなく、現行モデルの値下げにとどまると考えられます。

 

スポンサードリンク



 

 

生産スケジュールも前倒しか!?

 

DigiTimesによると、サプライチェーンからの情報として、Appleが次期「iPad Pro10.5」インチモデルの生産スケジュールをを5月から3月に前倒しにしたと報告しています。また、合わせて次期「iPad Pro」のイベントは4月上旬に開催されると報告しています。

さらにDigiTimesによると、次期「iPad Pro10.5」インチモデルの生産量は、3月が「100万台」で、それ以降は月ごとに「120万台」になるとも合わせて報告しています。

事前情報では、廉価版の「9.7インチモデルが発表後すぐに販売開始されると予測されており、「10.5インチ」モデルと「12.9インチ」モデルは、「5〜6月」ごろの発売になるとされていました。今回の情報で、気になるのは「12.9インチ」モデルだけ、取り残された感じになっていることです。

 

 

最後に

個人的にはiPad Pro「12.9インチ」モデルのことがすごく気になるので、もう少し情報がほしかったところです。ただ、Appleとしては、新型である「10.5インチ」モデルに力を入れていると考えられるので、生産をできるだけ早めるのは当たり前ったら当たり前かもしれませんね。

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧