次期iPad Pro用の「Smart Keyboard」はディスプレイを搭載か!?

iPad Pro用のアクセサリーとして発売されている「Apple Pencil」と「Smart Keyboard」ですが、次期イベントでは、「Apple Pencil2」は発表されるとしています。今回、「Smart Keyboard」の新たな特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

「ディスプレイ」を搭載した「Smart Keyboard」を開発中か!?

 

Patently Appleによれば、今回、Appleは、「iPad Pro」用の「Smart Keyboard」に「ディスプレイ」を搭載させたモデルを開発していることが判明したことを報告しています。また、前回判明した特許の内容とも大きく異なっています。

上記の写真のように、「Smart Keyboard」の部分が従来のモデルと異なり、「タッチパネル」を搭載しており、「セカンドディスプレイ」として利用することができることが確認できます。

もちろん、従来の「Smart Keyboard」と同様に、使わない時はケースとして使うこともできます。ただ、逆にタッチパネルになっているので、keyboardとして、入力する時は多少不便かもせれません。

 

スポンサードリンク



 

 

「Apple Pencil」にも対応か!?

 

上記の写真は、次期「Smart Keyboard」の使用バリエーションを想定したものとなっています。もちろん、「キーボード」として使うことが一番のメインであり、次に「track pad」のような使い方、そして、「Apple Pencil」による、イラストなどの使い方、最後は「ケース」の使い方を想定しています。

特に、注目すべきは「Apple Pencil」を使用することを想定していることです。「Apple Pencil」で、直接、「iPad Pro」に入力することはできますが、次期「Smart Keyboard」を「セカンドディスプレイ」として利用し、「iPad Pro」本体で資料を確認しつつ、「Smart Keyboard」でイラストを描くというような使い方ができるようになります。

 

最後に

現行の「Smart Keyboard」は、「キーボード」としてある程度使えますが、MacBookのキーボードと比較すると、まだまだ不完全であり、前回判明したiPad Pro用の「Smart Keyboard」の特許は、微々たる改善にとどまっている印象です。

しかし、今回判明した特許は、より「iPad Pro」を「iPad」らしく使用することが可能になり、そして時には「MacBook」のようにパソコンとして使用することができるように、大幅に利便性が改善されると思われます。実際に商品化されることを期待したいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧