「Xperia XZ Ultra」が開発中か!?

MWC2017で登場した4つの新型Xperiaについて、SONYの開発者達は、様々な思いをのせて、開発・発表に至りました。今回、開発者達が、日本市場における今後のXperiaの展開について語ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

「Xperia XA1」の日本展開は!?

 

まず、「Xperia XZ premium」について言及しており、世界初の「Motion Eye」の搭載や「snapdragon835」の搭載し、さらに、「4KHDR」の対応や、「1GbpsのLTE-Advanced」の対応などスペック的に物足りなさを感じていたXperiaのイメージを払拭する仕様になっています。

「Xperia XZ」から大幅な進化をとげている「Xperia XZ premium」ですが、名称の由来に関しては、「最高の体験を与えられるプレミアムセグメントの商品であり、さらに新しい体験を与えるということで、分かりやすくPremiumにした。Xperia XZ1とむやみに数字を上げることはしなかった」とSONYの関係者は語っています。

次に、「Xperia XA1」について言及しており、昨年発表した「Xperia XA」と「Xperia XA Ultra」は、狭額縁でスタイリッシュなデザインが好評であり、今回、Xperia Z5など上位機種にしか搭載しなかった「2300万画素のExmor RSを搭載し、より魅力的な仕様に進化させたと語っています。

さらに、日本市場への展開については、「さまざまな方面、特に日本からは多くのフィードバックをいただけており、市場の動向を注意深く見定めて、今後の参考にさせて頂く」と語っており、ミドルレンジクラスの日本市場への展開は、あまり前向きでないような発言をしています。

 

スポンサードリンク



 

 

ファブレットサイズのXperiaの登場は!?

 

今までは、「Xperia C5 Ultra」や「Xperia XA Ultra」など、6.0インチサイズのいわゆるファブレット端末を発表はしていましたが、日本市場では展開していませんでした。日本市場で、ファブレット端末の展開は「Xperia Z Ultra」以降ありません。

これに対して、「Xperia Z Ultraには非常に熱烈なファンがたくさんおり、大画面の需要はSONYとしても感じているところ。今後、何かしらの形で大画面端末はご提供したいと考えている」と語っており、「Xperia Z Ultra」の後継機種となる端末が発売される可能性があることが明らかになったことになります。

 

最後に

SONYが認めているように、「Xperia Z Ulta」に多くの熱烈なファンがおり、多くのファンは、首を長くして、後継機種を待ち望んでいます。今回のSONYの発言で、現時点で詳細な情報はありませんが、後継機種の登場に期待し、楽しみながら待ちたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

[via ITmedia Mobile]

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧