「Galaxy Note8」のコードネームが判明!

「Galaxy Note7」の後継機種として、大きな注目を集めるであろう、「Galaxy Note8」と「Galaxy Note7」の再販モデルの最新情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

 

「Galaxy Note8」のコードネームが判明!

 

Sam mobileによると、今回、「Galaxy Note8」と「Galaxy Note7」の再販モデルの「コードネーム」が判明したと報告しています。まず、「Galaxy Note8」のコードネームは「Great」となり、型番が「SM-N950F」と報告しています。

一方で、「Galaxy Note7」の再販モデル「リファービッシュモデル」のコードネームは「Grace R」となり、型番は「SM-N935」となると報告しています。

世界で爆発騒ぎをおこした「Galaxy Note7」ですが、スペックをそのままで、「バッテリー容量」と「本体ケース」に変更を加え、新興国向けに、価格を抑え再販するという情報があり、その情報が今回の「コードネーム」と「型番」が判明したことで、より具体的なものになりました。ちなみに、コードネームの「Grace R」の「R」はリファービッシュという意味だそうです。

 

スポンサードリンク



 

 

「Galaxy S8」の発売日は1週間遅れる!?

 

リーク情報で定評のあるEvan Blass氏によると、事前情報では、「Galaxy S8」の発売日は「4月21日」とされていますが、1週間遅れて、「4月28日」になると報告しています。

1週間遅延する理由は、「Snapdragon 835」および「Exynos 9 Series 8895」の生産の歩留まり率の改善に時間をとられているからと報告しています。特に、気になるのは「snapdragon835」歩留まり率の悪さです。

当初は、「Galaxy S8」が世界で初めて「snapdragon835」を搭載したスマートフォンとして発売されるとなっていましたが、その座は「Xperia XZ premium」に奪われました。

しかし、SAMSUNGが「snapdragon835」の生産率が悪いということは、「Xperia XZ premium」をはじめとした、「snapdragon835」を搭載したスマートフォンの発売日及び、在庫状況に影響を与える可能性ももあります。

 

最後に

次世代モデルの開発はコードネームからだいぶ順調そうにみえますが、「Galaxy S8」に関しては、ドタバタ騒ぎが続いている気がします。これ以上の延期なく、4月中に発売してほしいところです。

 

スポンサードリンク




 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧