SONY製新型イヤホン「ambie sound earcuffs」が発売!

ソニービデオ&サウンドプロダクツ(ソニーV&S)と、ベンチャーキャピタルのWiLが共同出資するambie(アンビー)が、今回耳を塞がずに周囲の音や声を聞きながら、音楽も聴けるオーディオデバイス「ambie sound earcuffs」を発売したのでまとめたいと思います。

 

 

「ambie sound earcuffs」のスペックは!?

 

2月9日より発売された「ambie sound earcuffs」は「イヤカフ」の形状となっており、耳に挟んで使用するイヤホンです。その形状の特徴から、周囲の音を聞きながら、音楽も聞くことができるのが最大の特徴です。

特に、通勤時の「電車内のアナウンス」や、外出時の「車の音等の周囲の音」など、従来のイヤホンだと聞き逃したり、全く聞こえなかったりした時が多々あると思います。特に「カナル式」のイヤホンは、完全に周囲の音を遮断してしまうので尚更です。

だからこそ、今回発売された「ambie sound earcuffs」はありそうでなかった「イヤカフ形式」のイヤホンなので斬新です。

 

 

さらに職場の環境に大きく左右されますが、仕事中に、音楽を聞きながら仕事をしている人の場合、急な呼び出しや、話しかけられた場合でも、周囲の音をしっかり聞き取ることができるため、すぐにリアクションすることができます。

 

 

SONY製の「ドライバーユニット」を採用しており、しかも価格が5500円とお手頃です。下手なイヤホンを買うより、よっぽどコストパフォーマンス的にもおすすめです。

 

 

カラーも6色あり、おしゃれでかわいいですよね。特に女性が好みそうな色合いをしていると思います。

肝心な音質ですが、特徴的な形状から「低音」に非常に弱いです。「低音」をしっかり楽しみたいなら、やはり「カナル式」か「ヘッドフォン形式」を選択するべきだと考えられます。

また、「音漏れ」を気にする方には朗報で、「案外音漏れはしない」そうです。特に外出時において周囲の音がある程度する場合は、ほとんど分からないみたいです。これは電車内でも同様です。

ただ、当たり前ではありますが、音楽の音量をかなりあげてしまうと、やはり音漏れはしてしまいます。

 

最後に

値段的にお手頃ということもあり、「防水」機能や、もちろん「ハイレゾ」にも対応していません。また、初見は「骨伝導」の仕組みを採用しているかと思いきや、ドライバーユニットの搭載で、「低音」は物足りないと思われますが、「全体的にダイナミック」な音質を楽しめると思います。気になる方はチェックしてみてください。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「Beats X」の在庫状況は!?

  2. 「Home Pod」の初期設定の方法が判明に!?iOSデバイスとのペア…

  3. 「Apple Pencil2」のより詳細な仕様が明らかに!?

  4. ついに本日先行販売開始!Beats X!

  5. 発売から半年!「Air Pods」の在庫状況は!?購入は家電量販店がお…

  6. 次期iPadProのイベントでApple Pencil2も発表か!?

  7. あなたの好きな色は!?Air Podsのカスタマイズサービスが開始!

  8. Magic Keyboardと Magic Trackpad 2 を一…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA