「iPhone8」に搭載される「Touch ID」は自動認証か!?

「iPhone8」のリーク情報と、直近で公開されているAppleの特許技術が重なり、「iPhone8」に搭載される技術が徐々に明らかになっています。今回、「Touch ID」に関して、新たな特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク




 

次期「Touch ID」は自動認証に対応か!?

Patently Appleによると、今回公開された特許から、次期「Touch ID」はディスプレイの下に組み込まれると報告しています。現在の「Touch ID」は「ホームボタン」に統合されているため、「指紋認証」は「ホームボタン」を通してしかできません。

しかし、「Touch ID」が「ディスプレイ」の下部に統合されることで、指紋認証がディスプレイのどこかに触れるだけで、自動的に「認証」する可能性があると報告しています。

 

また多くの、非公式のレンダリング画像では、「画面の下」に「Touch ID」の場所を設けていますが、一方で、「画面の下」にはMacBook Proに搭載されている「Touch Bar」のような「ファンクションスペース」が搭載されるという情報もあります。

このことからも、「画面の下」に「Touch ID」を固定で表示するのではなく、液晶下部に「Touch ID」を統合し、液晶のいかなる場所でも「指紋認証」できたほうが現実的だと考えられます。

 

スポンサードリンク




 

iPhone8は「USB-C」を採用か!?

 

Appleの事情に詳しい関係者の話によると、次期「iPhone8」は「Lightning」を廃止して、「USB-C」を採用する可能性があるとしています。

Appleは、充電規格を「Lightning」から「USB-C」に変更することで、ユーザーからの不満をそらすために、「ワイヤレス充電」に対応すると考えてもよさそうです。

iPhoneが、「USB-C」に対応することで、MacBookと同じ充電規格になり、ユーザーとしても、利便性が上がります。また「iPhone8」から、「イヤホンジャックアダプター」が廃止されるという情報もあり、iPhone自体の充電規格が変更されるから、廃止になると考えてもよさそうです。

 

最後に

「iPhone8」は、iPhoneが発売して記念すべき10周年モデルということ以上、iPhoneにとっての大きな転換期となるモデルになりそうです。この噂されている新型のiPhoneの名称は、「iPhone8」なのか、「iPhone X」なのかきになるところです。

 

スポンサードリンク




 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧