正当な進化をとげた「Xperia XA1」の魅力!

先日行われたMWC2017において、SONYはプレカンファレンスを開催し、4つの新型Xperiaを発表しました。その中で、一番のメインストリームに進化した「Xperia XA1」についてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

まずはスペックから!

 

まず、OSは「Android7.0」で、CPUは「MediaTek Helio P20 Octa Core 64bit (Quad core 2.3GHz + Quad core 1.6GHz)」を搭載しています。RAMは、今回発表された新型Xperiaシリーズの中で唯一「3GB」となっています。ROMは「32GB」で、最大256GBまでのSDカードに対応しています。

液晶サイズは、「5インチ」と今回発表された新型Xperiaシリーズの中では、最も小柄です。また画質も一番悪く、「HD」となっています。

本体サイズは「145 x 67 x 8 mm」となっており、小型の割には少し分厚く感じるかもしれません。重さは「143g」と、比較的軽めです。「Xperia XA1 Ultra」と同様に、カラーは「ホワイト」・「ゴールド」・「ピンク」・「ブラッック」となっています。

 

 

着実に進化したカメラ!

 

まず、フロントカメラは、「23MP1/2.3” Exmor RS™ for mobile image sensorHybrid Autofocus」で、インカメラが「8MP1/4″ Exmor R for mobile™ for mobile image sensor」となっています。

フロントカメラは、かなり明るいレンズを採用しているため、暗所での撮影でも、今まで以上に明るく撮影することができます。また、インカメラにおいても、広角のレンズを採用しているため、「セルフィー」もかなり綺麗に撮影することができます。

 

スポンサードリンク



 

最も持ちやすく!

 

「Xperia XZ」などに採用された「ループ形状」が採用されています。また、「液晶サイズが5インチ」ということ相まって、かなり持ちやすく、コンパクトなモデルになっています。

 

より賢くより長く

 

今回同時に発表された他の新型Xperiaと同様に、「提案」機能を搭載しているため、ユーザーに使い方に合わせて、Xperiaが最適化してくれます。

Xperiaといえばおなじみの「スタミナモード」も採用しており、電池持ちは今まで以上に、さらに、「Qnovo Adaptive Charging」を搭載しており、バッテリーの劣化を防ぐばかりか、高速充電にも対応しています。

電池容量は「2300mAh」となっており、充電規格は「USB-C」を採用しています。

 

 

最後に

今回、発表された新型Xperiaの中では、「メインストリーム」となっています。気になるのは、日本での発売があるかどうかです。昨今、SIMフリー端末市場が活性化しており、またキャリア自体も格安の端末を販売しています。

「Xperia」というブランドで、しかも、価格が安ければ、国内で爆発的なヒットになると考えられます。

 

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧