次期Apple Pencilはズーム機能に対応か!?

Appleが開催する次期「iPad Pro」のイベントでは、マグネットを内蔵した「Apple Pencil2」が発表すると言われています。今回、次期Apple Pencilに関する特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

新機能に対応か!?

 

Appleの特許関連の情報に精通している「Patently Apple」によれば、Appleは、「Apple Pencil」に新たな「パワーセンサー」を追加する特許を申請していたことを明らかにしました。

この「パワーセンサー」は新たに「スクロール」機能や「ズーム」機能を追加することができると言われています。また、「ダブルクリック」や「トリプルクリック」にも対応できる報告しています。

現時点での「Apple Pencil」は、クリエイターによるスタライスペンとしての入力としてかなり優れていると思われますが、一般ユーザーにとっては、あまり魅力的な存在ではありません。

しかし、今回の特許技術が実現すれば、「Apple Pencil」はより「マウス」的な使い方をすることができるようになります。

 

 

スポンサードリンク



 

ジェスチャー入力に対応か!?

 

また今回公開された特許技術の内容から、「タッチジェスチャー」にも対応するだろうと報告しています。

例えば、センサーが圧力を測定し、表示された画像またはその一部が図面中に「ズームイン」または「ズームアウト」することができるようになります。また、Apple Pencilを、ユーザが持ったことを認識すると、ユーザに提供される描画量の精度を調節することができるようになります。

 

その他に、「音量」、「画面の明るさ」、「色相」、さらに「コントラス」の設定など、Apple Pencilを通して、ユーザーにとって最適な設定をすることができるようになります。

 

最後に

iPadは「タッチパネル」を搭載しているがゆえに、「マウス」などの外部入力に対応していません。特に、ビジネス上で「iPad」を使用している多くのユーザーから「マウス」の対応を期待されています。

しかし、今回公開された特許の技術が実装されることで、「マウス」の代わりとはならずとも、それに近い使用感を「Apple Pencil」が手にいれることができます。

このことで、クリエイター以外のユーザー、「絵を描かないから」など現時点でApple Pencilに興味がないユーザーの多くを取り込むことができると考えられます。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧