iPhoneにより進化させた「Touch ID」を搭載か!?

次期「iPhone8」では、生体認証機能として、「Touch ID」の他に、「虹彩認証」や「顔認証」機能を搭載すると言われています。今回、「Touch ID」をより進化させた生体認証に関わる特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

より強化した「Touch ID」の搭載か!?

 

今回公開されたAppleが申請した特許技術によると、Appleはより、セキュリティを強化した「Touch ID」を開発していることが分かりました。

現行の「iPhone7」シリーズまでは、ホームボタンに「Touch ID」が統合されています。一方で、「iPhone8」は液晶に「Touch ID」が統合されると言われています。

従来の「Touch ID」は登録した1つの指の指紋で認証を行なっていますが、液晶に統合されることで、複数の指の指紋を使って、指紋を認証することが可能になるということです。

簡単に言えば、今までは、一回の指紋認証に1本の指の指紋を使っていましたが、今後は、1回の指紋認証に複数の指の指紋を使用する「マルチフィンガー」に対応するということです。

「マルチフィンガー」に対応することで、指紋認証時のセキュリティ強化に大きく貢献します。

 

 

スポンサードリンク



 

さらに別の「生体認証」も開発か!?

 

さらに加えて、今回公開された特許の一つに「音響映像システム・アーキテクチャ」というものがあります。この特許は、「Touch ID」のような指紋認証機能を生体認証に採用するのではなく、「音響変換器」を採用するものとなっています。。

「音響変換器」は、まずディスプレイの下に設置します。この「音響変換器」は、iPhoneの液晶などを通過する「音響波」または「パルス」を発生させます。

「音響変換器」が発生させている「音響波」や「パルス」を、ユーザーがディスプレイ触れたことによって起きる音響波への反射、減衰、回析し、この解析を通して「生体認証」を行うそうです。

なお、ユーザー一人一人によって指紋の凹凸が異なるため、音響波の反射、減衰なども異なり、識別に利用できるとのことです。

生体認証の登録としては、音響変換器に、集積されたデータは電気信号の形で伝えられ、内蔵の画像解析器が信号をもとに2次元マップを生成します。このマップがデータベースと照合され、ユーザー認証に用いられるという仕組みになっています。

 

最後に

今回新たに、「Touch ID」に関連する2つの特許についてまとめてみました。iPhoneが「Touch ID」を搭載以降、競合他社は次々と、「指紋認証」を搭載しており、差別化をはかるのが困難な状況になっています。

だからこそ、Appleはよりセキュリティを強化した「生体認証」を搭載することで、差別化を図ろうとしていると考えられます。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧