Galaxy S8の実機画像がついに流出!

「Galaxy S7」との寸法を比較した設計図や、数多くのレンダリング画像が作製されている「Galaxy S8」ですが、今回、初めて詳細な「実機画像」がリークしたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

実機写真!

 

今回、初めて、電源が入っている状態の「実機画像」がリークしました。まず、本体正面から撮影された写真です。物理式ホームボタンが廃止になっているかわり、やはり液晶下部に、「戻る」や「ホームボタン」などのボタンが表示されていることが確認することができます。

液晶下部の部分が、常時点灯するかどうかは判然としませんが、「Galaxy S8」は5.8インチ程度、「Galaxy S8 Plus」は、6.3インチ程度となっていますが、実際に使えるスクリーンサイズはもうすこし小さくなりそうです。

またこの写真は、「Galaxy S8」のものと思われますが、実機を握っている手と比較すると、やはり本体は小柄で持ちやすそうに見えます。しかし、「ベゼルレス」デザインの恩恵で、本体の大きさ以上に、液晶がかなり大きく見えます。

 

 

 

次に、「Galaxy S8」の本体側面を撮影した写真です。側面にそって、液晶が湾曲していることは確認することができますが、従来の「Edge」スタイルと比較すると、湾曲の程度が少ないように見えます。

また、今回の実機が「光沢のあるブラック」なのか、側面の素材が「プラスチック」のようで、割とチープな印象を受けます。iPhone7の「ジェットブラック」もアルミの素材を活かした高級感がありません。見方によっては、今回の写真と同様にチープな印象を受けます。

 

スポンサードリンク



 

 

最後に、フロントパネルの上部を撮影した写真です。事前情報通りに、インカメラ、スピーカー以外に、複数のレンズらしきものを確認することができます。事前情報では、今回新たに「虹彩認証」を搭載すると言われています。

一方で、「iPhone8」も「虹彩認証」を搭載すると言われています。ここ近年は、生体認証として、「指紋認証」が中心でしたが、少なくとも今年以降は、「虹彩認証」がメインの生体認証技術になりそうです。

 

 

最後に

発表まで、あと約1ヶ月となった状況で、ついに電源が入っている状態の実機画像がリークしました。少なくとも、写真の質がいいとはいえないので、本体の詳細な雰囲気を確認することはできません。

しかし、電源が入っていることで、ほぼ全体のイメージはつくと思います。個人的には、この写真から感じることができない、「高級感」があるのかどうか、実機をみて確認したいと思います。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧