次期iPhoneは液晶が割れると知らせてくれる!?

iPhoneは、他のアンドロイドスマートフォンと比較すると、液晶が割れやすいというイメージが強いと思います。また気づかぬうちに、液晶にこすり傷がついてたりするときもあります。今回はこの「液晶の傷・ヒビ」に関する特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

液晶に自己検知機能を搭載か!?

 

今回、公開された特許は、液晶に「ヒビ・キズ」などの軽度の損傷を受けた場合や、割れるなどの破損をした場合に、ユーザーに通知をしてくれる内容です。

いうまでもなく、スマートフォンは、ある程度の衝撃に耐えられるように設計されています。しかし、落下させたりなど、過度の衝撃を与えてしまうと、どうしても破損してしまいます。

明らかに、「液晶にヒビ」が入るなど、目視で確認できる場合、今回の特許内容の通知機能は役目を果たさないと考えられます。一方で、目視で確認できない、またはしづらい「キズ・ヒビ」や内部損傷をしている場合、今回の通知機能は大変有効的です。

 

 

スポンサードリンク



 

損傷を検出する方法は!?

 

今回の特許内容によると、「ヒビやキズ」などの破損の検出方法として、「スクリーンに内蔵されたタッチセンサー」、「小型バイブレーターで振動を与えた際の反応の変化」、「光の反射率の変化」などが検出方法として記載されています。

これらの検出方法をもとに、どの部分が破損したのか。どのセンサーが破損したのかなどをユーザーに通知してくれます。また、どこが破損したのか、ある程度詳細に通知してくれるため、破損した場合の「修理」などにおいても有効的だと考えられます。

次期iPhone8から、「Touch ID」の内臓など、従来以上に「液晶」が重要な役割を果たすようになります。

意外と画面が割れた状態で使っているユーザーが多いのが現状です。「割れていても使えているから大丈夫」と修理にださないユーザーが多いです。

しかし、表面的に使えるだけであって、内部で深刻な破損をしている可能性もあります。よくも悪くも、ユーザーに対して、「液晶」が割れた場合、「修理」を促す役割としても機能しそうです。

 

最後に

次期iPhone8は「有機ELディスプレイ」を採用し、コスト増加が見込まれます。もちろん、「液晶」の修理代も高くなると思われます。しかし、物理的なホームボタンの廃止など、今まで以上に液晶の役目が大きくなります。

一方で、ユーザーからすれば、「液晶の強度」をもっとあげてほしいという声も聞こえてきそうです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧