次期iPhoneは「顔認証システム」を搭載か!?

次期iPhone8は、ベゼルレスデザインの採用で、物理式ホームボタンの廃止を行い、「Touch ID」は、液晶に統合されるといわれています。今回、「Touch ID」とは別に、新たな「生体認証システム」が搭載されるという情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

「顔認証システム」の搭載か!?

 

Mac Rumorsによると、次期iPhoneに「3D顔認証システム」が搭載されるのではないかと報告しています。この「3D顔認証システム」は「レーザースキャナー」を通して行われるとしています。

また、次期iPhone8について、サプライヤーの情報から、モジュールの全体量が増加していると報告しています。このことから、早くて、次期iPhone8から、「レーザースキャナー」が搭載されるのではないかとも報告しています。

ただ、この「3D顔認証システム」は、現時点では、「Touch ID」の補完的な役割を果たすものであって、「3D顔認証システム」を搭載したからといってすぐに「Touch ID」を廃止するという流れにはならないとしています。

また、Appleとしては、「Touch ID」の「認証精度」に対しての、ユーザーからの不満を改善したいと考えているようです。

 

 

スポンサードリンク



 

「レーザースキャナー」の応用!

 

「レーザースキャナー」の搭載によって、よりAppleは「AR」に対応してくる可能性が高くなると考えられます。このことにより、Appleが未だ提供できていない「ゲーム」や「エンターテイメント」の分野でも大きく成長すると考えられます。また、「AR」に対応することで、「新たな製品カテゴリー」が追加されるとも考えられます。

さらに、Appleは「AR」に対応することで、開発者向けにAPIを解放し、後のインターネット販売などで、大きく人々の利便性を変革するようなあしがかりを作るとも報告しています。

 

 

最後に

今回搭載されるといわれている「レーザースキャナー」は、どんなに早くても、プレミアムモデルである、「iPhone8 Plus」のみしか対応しないだろうと見られています。

iPhone8では、「カメラモジュール」に「AR」機能を統合するとも言われています。このことからも「AR」に対応することは間違いないと考えられます。「iPhone8」がデザイン以上にどのような驚きをもったスペックを搭載するのか、今から期待しながら待ちたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧