完成度の高い「Galaxy S8」のレンダリングが公開!

設計図の流出や、実機の写真の流出など、ここ最近「Galaxy S8」の情報がかたまりつつあります。さらに、これらの情報をもとに、「Galaxy S8」のレンダリング画像が数多く公開されていますが、今回その中でも、完成度の高いレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

公開されたレンダリング画像!

 

前回公開されたレンダリング画像に比べて、「高級感」はありませんが、逆に「現実味」があり、来月発表される実機と一番イメージが近いレンダリング画像かと思われます。

「ガラス製」の背面と「アルミ」のサイドフレームと、これはこれで、「高級感」があると個人的に感じます。

フロント部分には、搭載が噂されている「虹彩認証」や、インカメラ、そして「マイク」が搭載されていることが確認できます。

 

 

背面は、「指紋認証」機能と「フロントカメラ」、そしてLEDフラッシュを確認することができます。さらに上部に「SIMカードスロット」を確認することができます。

 

 

ちょっとわかりづらいですが、下部は「イヤホンジャック」と「USB-C」を確認することができます。今回のレンダリング画像は、現行の「Galaxy S7 edge」のように「サイドフレーム」にかけて、「Edge」しているわけではなく、どちらかといえば、液晶が湾曲している程度に収まっているように見えます。

 

スポンサードリンク



 

 

今回のレンダリング画像では、カラーが4色となっています。本体のカラーについては、あまり詳細な情報がありません。

一方で、「Galaxy S8 plus」に関しては、ロゴが流出しており、そのロゴのカラーから「パープル」・「レッド」・「ブラック」・「ブルー」とされています。

 

 

この「Galaxy S8 Plus」の4色のカラーと「Galaxy S8」のカラーがそこまで相違することは考えにくいと思います。違くても、2色程度だと考えられます。

 

 

最後に

様々な期待がかかる「Galaxy S8」ですが、発売まで約2ヶ月程度となっています。ただ、世界中を巻き込んだ「Galaxy Note7」の爆発事故で、一度は信頼が失墜したSAMSUNGですが、「Galaxy S8」の前評判もよく、新機種としては1年ぶりということもあり、予定より増産体制に入っているという情報もあります。

なぜ、例年と異なりMWC2017で発表しないのか、「単純に慎重になっているだけなのか、そこにどういう意図があるのか、MWC2017のプレカンファレンスで何か触れられるかもしれないので、まずはプレカンファレンスを楽しみに待ちたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧