iPhone8からイヤホンジャックアダプターが廃止か!?

プレミアムモデルとされている「iPhone8」は「ワイヤレス充電」に対応すると言われています。「iPhone7」からイヤホンジャックが廃止され、そのかわり、「lightening」と互換性のある「アダプター」が同梱されました。今回はiPhone8の充電規格について改めてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

「アダプター」の廃止か!?

 

次期iPhone8は、「ワイヤレス充電」を採用することから、「イヤホンジャックアダプター」の同梱をやめると予測されています。もともと「イヤホンジャックアダプター」が同梱されている背景には、既存のイヤホンジャックを使用できるようにするためです。

一方で「イヤホンジャック」は「アナログ方式」で、iPhone本体が「デジタル方式」であるため、本体の設計上においても少なくとも弊害がでています。だからこそ、Appleは「Air Pods」に始め、「Bluetoothイヤホン」の移行を促しています。

しかし、充電規格に関しては、「ワイヤレス充電」に対応するとはいえ、「lightening」の廃止という情報はありません。また、この「ワイヤレス充電」が「接触式」なのか「遠隔式」なのかも定かではありません。

情報源によれば、AppleはApple Watchと同様の「磁気コイル」を使用した「接触式」の「ワイヤレス充電」を採用する可能性が高いと予測しています。

lighteningにあたっては、MacBookで本格的に採用されている「USB-C」を採用することは、現時点では、世界的にも普及しているとはいい難い状況のため採用しないだろうとも報告しています。

 

 

スポンサードリンク



 

iPhone8のワイヤレス充電は「Qi」に対応か!?

 

TechCrunchによると、AppleはWPC(ワイヤレスパワーコンソーシアム)に正式に参加していることを表明しました。もともとは、最近になってWPCのホームページが更新され、Appleが参加企業に追加されていたことで発覚しました。

AppleがWPCに参加していることで、のちの製品の「ワイヤレス充電」が対応することは確実だと考えて間違いないです。

また、WPCに参加することで、ワイヤレス充電の国際規格である「Qi」に対応する可能性が非常に高いと考えられます。

 

最後に

Appleは今まで「ワイヤレス充電」に慎重な姿勢をみせていました。なにより「ワイヤレス充電」は、バッテリーの発熱を誘発し、その結果、バッテリーに大きなダメージを与えてしまうからです。

しかし、今回、ようやく「ワイヤレス充電」に対応するということなので、Appleが「ワイヤレス充電」による懸念事項をどうクリアしたのか楽しみです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧