Galaxy Note8のスペックが流出か!?

3月下旬の発表を控え、Galaxy S8の話題でもちきりですが、一方で「Galaxy Note8」の情報が少しでてきました。今回は「Galaxy Note8」の情報についてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

コードネームが判明か!?

 

今回、リークされた情報によると、まずコードネームが判明しました。「Galaxy Note8」のコードネームは「Baikal」です。

情報源によると「Baikal」とはロシアの広大な湖であるバイカル湖からとったコードネームだと報告しています。

 

バイカル湖は寒冷で栄養素に乏しいにもかかわらず、世界屈指の生物多様性を持つ場所である。チョウザメ、オームリ(バイカル・オームリ)や、サケ科などの魚類、バイカルアザラシ(淡水のみに生息する種としてはアザラシ科では唯一。サイマー湖、ラドガ湖のワモンアザラシは海水と淡水の両方に生息。)など約355属1334種が生息する。うち1017種は固有種であり、全体の70%、生物量では80-90%が相当する。鳥類も、2種の固有種が存在する。本格的な調査は1980年代後期に始まったばかりであり、未確認の固有種も少なくないと予想される。

 

SAMSUNGがどのような意味をこめて「Baikal」というコードネームをつけたのか分かりません。バイガル湖の状況に例えて、SAMSUNGが世界的にも、「窮地に追い込まれた」状態ではあるが、「様々な機能とスペックを搭載」し、「独自の進化」を遂げるというような意味をこめて「Galaxy Note8」を開発しているのかと、今のSAMSUNG自体の状態を「バイガル湖」と重ねて考えてるようにも見えてしまいます。

 

 

 

スポンサードリンク



 

Galaxy Note8のスペックは!?

 

今回リークした情報によると、「4Kに対応した有機ELディスプレイ」の搭載と、「LG製の新型バッテリー」を搭載する可能性が高いということです。特に、4kへの対応は、よりVRの体験を良好にするためのものだとされています。

バッテリーに関しては、Galaxy Note7の爆発事故以来、業界最高基準のバッテリーテストを行うとされています。Galaxy S8に関しては、世界でも信頼が高い「村田製作所」のバッテリーを採用すると言われています。

今後、LGがファブレット向けのバッテリーをメインに作っていくという噂もあるので、これと重なって、LG製のバッテリーが採用になると言われているのかもしれません。

また、全体のスペックとしては「Galaxy S8」と大して変わらないと予想されています。

 

 

最後に

今回、本当に一部の情報でしたが、「Galaxy Note8」についてまとめました。SAMSUNGは、3月下旬のイベントで発表されるGalaxy S8は、発表を控えているだけで、全力でGalaxy Note8を全力で開発していると考えられます。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧