Apple Payにアプリ決済の機能を追加か!?

日本では、FeliCa機能を搭載した、iPhone7シリーズ及び、Apple Watch series 2がApple Payに対応しました。日本市場でFeliCaを中心としたNFC type-Fが広く普及されていることからAppleもFeliCaに対応したと考えられます。今回はApple Payに関して新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

Apple Payの導入と小売店の制限

 

一般的なIC対応のデビットカードやクレジットカードは、従来の磁気のクレジットカードはセキュリティー面では安全です。しかし、レジでクレジットカードにより決済する場合、現金に比べ、サーバーと通信を行うため、どうしても、決済に時間がかかってしまいます。

また日本ではあまりありませんが、レジで店員にクレジットカードを渡すことになるので、スキミングされるリスクがあります。

ここで、Appleが考えたのがNFCを利用した非接触式のApple Payの導入です。Apple Payでの支払いを行う場合、決済前にTouch IDを通して本人確認します。その次に、レジの決済端末にタッチをし、決済を完了させます。

この決済の際に、クレジットカードの情報とは異なる特殊なトークン番号を生成し、このトークン番号を通して決済を完了させます。このトークン番号を通すことで、小売店のほうでもクレジットカードの番号を確認することができず、悪用されるリスクがないのです。

しかし、Apple Payを店舗で使用する場合、店舗側でNFCに対応した決済端末の設置が必要となり、この決済端末の設置がApple Pay普及への足かせになっています。

 

スポンサードリンク



 

新しい決済方法の導入か!?

 

今回、Appleが検討している新しい決済方式は、専用のアプリを通して、iPhoneの画面にバーコードを表示し、そのバーコードをレジでスキャンして決済を完了させるという方式です。

この決済方式は、決して特別なものではなく、日本では、LINE Payがローソンでのバーコード決済に対応したほか、スターバックス専用のアプリで支払いをする時も同様の手段をとっています。

この決済方式のメリットは、iPhone自体がNFCに対応している必要がないこと。もう一つは店舗側で決済専用の端末を導入する必要がないこと。特に、店舗においてメリットが多く、レジのアップデート及び、対応スキャナーの変更でApple Payに対応できる可能性が高いです。

 

最後に

日本ではSuicaを中心とした交通系のICカードが広く普及しているため、広範囲でApple Payを使用することができます。逆に最新のiPhoneとApple Watchしか対応しておらず、今までの機種は対応していないのが現状です。

今回のアプリ決済の導入が実現すれば、iPhoneの旧機種やiPadでも店頭決済が可能になるので、ますますApple Payが広く普及するきっかけになると思います。

 

 

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧