次期iPhone8は「TouchBar」機能を搭載か!?

次期iPhoneは、マイナーアップデート版である「iPhone 7S」と、プレミアムモデルである「iPhone8」から構成されているとされています。今回、「iPhone8」の液晶に関して新しい情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

液晶に新しい「機能表示」を追加か!?

 

Appleのリーク情報で定評のあるMing-Chi Kuo氏によると、「iPhone8」は、液晶下部に「新たな機能表示領域」が追加されると報告しています。ベゼルレスデザインにより、物理的なホームボタンの廃止で、「Touch ID」が液晶に統合されるとしています。

この「Touch ID」がまず、新たな「機能表示領域」に追加されるとしています。もともと、ホームボタンが本体下部にあることを考慮した上で、ユーザビリティを下げないようにするために、「機能表示領域」に追加されるとされています。

さらにMing-Chi Kuo氏は、この「機能表示領域」にMacBook Proに搭載された「Touch Bar」と同等の機能を搭載するのではないかとも報告しています。また、アプリのショートカット機能など、複数の機能を「機能表示領域」に統合すると報告しています。

 

 

スポンサードリンク



 

iPhone8 Plusについて

 

Ming-Chi Kuo氏は合わせて、今回新たに分かった「機能表示領域」を踏まえて、iPhone8 Plus(5.8インチモデル)で、実際表示されるスクリーンサイズは「5.15インチ」になるとも報告しています。さらに、5.8インチモデルに関しては、本体サイズがiPhone7などの「4.7インチ」モデルと同等のサイズになるとも報告しています。

今回触れられていませんが、iPhone8のほうは、ベゼルレスにより「5.0」インチ以上のスクリーンサイズを搭載すると言われます。iPhone8 Plus」と同様のながれであれば、「iPhone8」もかなりの小型化が行われる可能性が高いです。

 

 

最後に

本体の小型化に伴い、内部構造を複層化し、バッテリー容量は従来より大きくなるとされています。またガラスの筺体や有機ELディスプレイの採用など、iPhone7とは大きく異なり、まさに「プレミアムモデル」となりそうです。

今回の情報で、iPhoneは小型化し、小型化を好むユーザーの需要を取り込むことが可能になりそうです。iPhone8は、爆発的な需要に応えるため、前倒しで、6月から大量生産を開始すると言われています。早く実機の写真がリークすることが楽しみです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧