iPhoneの新型純正ケースを開発か!?

Appleの特許技術に特化している「Patently Apple」によって新しく公開された特許により、Appleは新型の純正ケースを開発していることがわかりました。今回はこの新型の純正ケースについてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

タッチスクリーンを内蔵か!?

 

今回公開された特許によると、Appleが開発している新型の純正ケースは、「タッチパネル」を搭載していることが分かりました。どのようなインターフェーイスになるかは判断できませんが、Patently Appleは「あらゆる物理ボタンを廃止できるだろう」と述べています。

現行のiPhoneは、ホームボタン以外に「サイドボタン」・「音量ボタン」・「電源ボタン」とあります。これらの機能を、新しい純正ケースのタッチパネルに統合できると報告しています。また、物理ボタンの廃止により、「防水機能」もより強化されるだろうと予測されています。

また、わざわざ、背面のタッチパネルを確認することなく、ユーザーは操作できる仕様になっているとも報告しています。

またこのケースは「量子トンネル効果を使用した素材」を採用するとしています。この素材は、純正の新型ケースだけではなく、のちのiPhone本体を形成する素材としても使用することが可能になるそうです。

 

 

こちらの写真が、ケース全体を表示しているものになります。新型の純正ケースは、「ジェスチャ」やマルチタッチイベント(スワイプ、ピンチ、マルチフィンガータッチ)を検出することができるようになるということ。

ジェスチャやマルチタッチイベントは、スクロール、ユーザインターフェース・ナビゲーション等の、iPhoneは、任意の適切な機能を実行させることができます。

 

 

スポンサードリンク



 

この技術は他のApple製品にも搭載か!?

 

さらに、新型の純正ケースに採用される技術は「Apple Watch」やその他の製品にも採用される可能性があることが分かりました。今回の特許図だと、「Apple Watch」のバンド部分に採用されていることを確認することができます。

その他、「Ear Pods」や、あらゆる製品に搭載できる素材であり、将来のApple製品のほとんどに採用される可能性が高いということを示唆しています。

 

最後に

今回明らかになった新型の純正ケースは、後のiPhoneが本体背面に「タッチパネル」を採用する可能性があることを示唆しているようにも考えられます。この新型の純正ケースは、従来のケースの役割である「保護」から、「入力」へと、新しい体験をもたらしてくれるものになりそうです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧