次期iPad Pro用「Smart Keyboard」の特許が公開か!

3月に次期iPad Proのイベントが行われることが確実視されていますが、そのイベントでは、磁気を内臓した「Apple Pencil2」も同時に発表されると噂されています。一方Apple Pencilと同時に発表された「Smart Keyboard」ですが、次世代モデルとされる特許が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

新しく「共有(シェア)」ボタンの追加か!?

 

まず一つ目の写真ですが、新たに「共有ボタン」が追加されています。「共有ボタン」は、「メール」・「Safari」・「SNS」など、登録しているアプリを、ポップアップ表示してくれる機能だと考えられます。

また、ファイルの取り込みや「絵文字」の使用など、今までより断然楽に使用することが可能になりそうです。

 

スポンサードリンク



 

検索キーに「Siri」を統合か!?

 

次に「検索キー」にSiriの機能が統合されているようです。「検索キー」を何回押すかのか、長押しなのか、どのようなインターフェーイスになっているかまでは判然しませんが、本来の「検索キー」との入力と区別する必要があるため、「Siri」の起動が単純に、検索キーを一回押すということはないと考えられます。

 

「検索キー」の使い方は!?

 

では「Siri」の起動ではなく、「検索キー」を単純に使った場合ですが、一度メニューをプルアップします。そのプルアップした画面で「設定」、「カメラ」、「写真」、「時計」、「メッセージ」、「カレンダー」、「メモ」などを表示してくれます。

さらに、特定のアプリケーションでは、ブラウザの検索フィールドがポップアップし、ブラウザ内の検索したい事項を、簡単に検索することができるようになります。

 

スポンサードリンク



 

ショートカットキーが新しく!?

 

文字を入力時においての、ショートカットキーは変更がなさそうです。しかし、ホーム画面において、割り当てられているショートコマンドを入力することで、「メール」・「Message」や「Facebook」のアプリに簡単に切り替えができるようになるみたいです。

 

 

最後に

今回公開された特許は少なくとも、2016年であり、実際商品化される判断することは難しいです。しかし、イベントで「Apple Pencil」がリニューアルする可能性が高いということを考えれば、「Smart Keyboard」も、同様にリニューアルされてもおかしくはありません。

iOS10.3からiPadは「片手キーボード」にも対応するといわれています。iPadの入力機能をさらに強化することで、MacBookとはまた違った立ち位置にしようとしているのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧