「Air Pods」と「Beats X」どちらがオススメか!?

先日発売された「Beats X」ですが、初期入荷はかなり少なく、現在Apple Store含め品切れとなっています。一方で「Air Pods」は現在購入しても「6週間待ち」と品薄の状態が長く続いています。今回は、改めて「Beats X」と「Air Pods」の魅力を振り返りたいとおもいます。

 

 

スポンサードリンク



 

共通点は!?

 

まず、「Beats X」と「Air Pods」の共通点からみていきたいと思います。両機種ともまず、「W1」チップが搭載されています。「W1」チップの特徴の一つは、「電力効率の向上」です。両機種とも「Bluetoothイヤホン」のため、電池持ちが気になるところです。しかし、「W1」チップの搭載で優れた電力効率を維持し、電池持ちの改善に貢献しています。

そして二つ目の特徴は、「ペアリングのシームレス」さです。Bluetoothイヤホンの煩わしさの一つとして「ペアリング」が上がると思います。一度ペアリングすればまだしも、他の機種と「ペアリング」する場合、また最初から設定をする必要があります。

しかし、「W1」チップのおかげで、ペアリングする時は、iPhoneやiPadの画面に表示された「接続する」をタップするだけで完了します。また一度ペアリングしてしまえば、同じApple IDでログインしている機種同士間では、簡単に接続を切り替えることができます。

また充電規格が「lightening」を採用しています。「Air Pods」は専用ケースを、「Beats X」は本体を充電することになります。

最後に両機種とも「Siri」を搭載しています。「Air Pods」は本体をダブルタップで、「Beats X」は「RemoteTalk」ボタンを押すことによって起動させることができます。特に「Air Pods」に関しては、物理ボタンを搭載していないため、Siriを使う頻度が多いかと考えられます。

 

 

スポンサードリンク



 

Air Podsの特徴は!?

 

まずは、完全な「ワイヤレス設計」を採用しているため、一切ケーブルが存在しません。専用ケースが充電ケースとなっており、専用ケースと合わせて24時間程度、電池持ちがするように設計されています。また、「 Air Pods」本体だけでも5時間程度持つように設計されています。

形状に関しては、「Ear Pods」で培われた技術を生かし、万人にフィットするようになっています。しかし、この形状に合わない人にとっては、代替案がないのがデメリットの一つです。

また発売当初から、「紛失しやすそう」とか「音質が悪そう」という口コミが多かったですが、まず「iOS10.3」のベータ版から「Air Podsを探す」機能が搭載され、紛失する可能性が低くなりました。また、フィット感もよく、走ったり、ある程度激しい動きをしてもはずれないようですが、こればかりは、個人の耳の形状によるため、何ともいえません。

一方で、音質の関しては、「全体的に平均な音」であり、高音に強いとか低音に強いとか、特徴がない仕上がりになっています。音漏れも以外としにくいという情報が多いですが、「カナル式」のイヤホンと比較すれば、音漏れはしやすいと思います。

価格は、税抜き「16800円」となっています。

 

 

Beats Xの特徴は!?

 

まず、形状が「カナル式」を採用しています。また付属品で、「イヤーチップ」が3種類同梱されています。「Air Pods」に比べて、個々の耳にフィットさせやすいです。また、激しい動きなどをしてもかなりはずれにくいです。

次に、フレックス形状のケーブルを採用しており、使わない時は「専用ポーチ」に収納することができ、可搬性に優れています。また、イヤホン本体に「マグネット」が内蔵しており、左右のイヤホン同士をマグネットさせて収納させることで、ケーブルがからまる煩わしさも軽減することができます。

電池持ちですが、「約8時間」持続可能です。さらに「5分」の充電でさらに「2時間」使用することができる「高速充電」にも対応しています。

音質に関しては、「Air Pods」と比較すれば、しっかりと特徴がある作りになっており、音楽を純粋に楽しみたいのであれば、「Beats X」をお勧めします。また「カナル式」を採用しているので、「音漏れ」するリスクも少ないです。

価格に関しては、税抜きで「14800円」となっています。

 

 

気になる方はこちらもどうぞ!

 

最後に

「Beats X」と「Air Pods」と総復習という形になりました。個人的には、「値段」・「在庫状況」を考慮すると「Beats X」のほうが断然お勧めです。また、純粋に音楽を楽しむ面や通話のしやすにおいても「Beats X」のほうが優秀だと考えています。

一方で、ケーブルから煩わしい人や、電池持ちが良いほうがいいという人には「Air Pods」をお勧めします。Apple Storeにいけるユーザーは、まず両機種の聴き比べをすることをお勧めします。

 

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 次期「Apple TV」は9月に発表か!?iTunesが「4KHDR」…

  2. ついに在庫状況が改善に!「Air Pods」を欲しいユーザーは今すぐチ…

  3. ついに発表!Xperia XZ premiumの魅力!

  4. Appleが純正テレビを開発中か!?それとも外部ディスプレイ!?

  5. Air Podsついに発売開始!!

  6. 次期「Air Pods」はノイズキャンセリングに対応か!?

  7. 絶対におしゃれ!他人に自慢したくなるiPhone7ケース3選

  8. Appleが市場首位に!Air Podsはバカ売れか!?

コメント

    • へえ
    • 2017年 9月 03日

    Siriが搭載されてるんだね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA