新たなGalaxy S8のレンダリング画像が公開!

先日は、専用ケースらしきものが流出したばかりのGalaxy S8ですが、今回は事前情報を忠実に再現した、とても物欲が刺激されるレンダリング画像が公開されたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

レンダリング画像!

 

背面には「ガラス」を採用し、サイドフレームには「アルミ」を採用したデザインとなっています。従来のGalaxyシリーズと比べると、非常に高級感が増したように感じられます。

 

 

先日公開された、専用ケースでは、「背面に穴が2つあいており、一つはフロントカメラ。ではもう一つの穴は何のために空いているのか」と話題になっていました。

しかし、今回のレンダリング画像をみる限り、もう一つの穴は「指紋認証」のためだと分かります。またサイドボタンを確認することもできます。やはり、音声アシスタントシステム「Viv」は物理ボタンで起動する仕組みになりそうです。

 

 

スポンサードリンク



 

 

本体下部からのレンダリング画像です。一時期噂では、「イヤホンジャック」が廃止されるということでしたが、このレンダリング画像では、イヤホンジャックは健在です。

またUSB-Cを採用しているのも確認することができます。ただ一つ気になるのは、背面がガラス素材を採用しているのにも関わらず、本体下部に「樹脂ライン」が必要なのかは疑問です。

 

 

次は、フロントパネル側のレンダリング画像です。事前情報通り、大幅なベゼルレス化されており、フロント部分は、非常にすっきりした印象です。

まだ情報が定かではありませんが、「虹彩認証システム」を採用するという情報もあります。フロント画面上部に、インカメラ以外に二つ、黒い丸いものを確認することができます。

もしかしたら、このうちの一つは「虹彩認証システム」かもしれません。虹彩認証をすでに搭載している機種は、他社メーカーでありますが、精度がそこまで高くはありません。

虹彩認証の精度がある程度高くなるまでは、指紋認証とで相互補助の役割を持たせるのかもしれません。

サイドの部分はEdgeスタイルになっていることも確認できます。Edgeスタイルを採用することで、横幅が狭くとることができるので、持ちやすさに繋がります。事前情報では、5.7インチと6.3インチという液晶サイズを搭載しますが、ベゼルレス化とEdgeスタイルのおかげで、従来と持ちやすさは大して変わらないと考えられます。

 

気になる方はこちらのムービーをどうぞ!

 

最後に

3月下旬に、ニューヨークで発表されるとしているGalaxy S8ですが、スペックはもちろん、デザイン面でも過去最高レベルの仕上がりで登場する可能性が高そうです。今回公開されたレンダリング画像のような仕上がりであれば、間違いなく人気機種になると考えられます。発表まであと約2ヶ月。楽しみに待ちたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧