次期MacBook ProにApple独自のARMチップを搭載か!?

ここ近年のMacBookやiMacにはIntel製のチップが搭載されています。一方、iPhoneやiPadにはAppleの独自開発であるARMベースの「Aチップ」が搭載されています。今回は、長らく噂がされてきましたが、MacBook ProにARMベースのチップが搭載されるという情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

MacBook Pro用にARMベースの独自チップを開発中か!?

 

ARMベースのチップとしては2016年に発売された新型MacBook ProのTouch Barを制御する役割として「T1チップ」が搭載されています。今回さらに明らかになったのは、コードネーム「T310」というチップを現在開発中であるということです。

この「T310」は、現在のMacシリーズに搭載されているIntel製のチップに取って代わるものではなく、むしろIntel製のチップに対して相互補完的な要素が強いということです。

主な役割としては、従来Intel製のチップが処理していた「低電力モード」やスリープ時のメールチェックやアプリなど、「アップデート」を行うものとして考えられています。

 

 

スポンサードリンク



 

より電池持ちがよくなる可能性も!?

 

現在、新型のMacBook Proに搭載されている「T1チップ」はMac用に開発した初めてのARMベースのチップです。主な役割は、「Touch Bar」に搭載されているTouch IDやその他、Touch Bar全体の管理です。

この「T1チップ」は、既存で搭載しているIntel製のチップとは関連性を持たず、独立した機能を果たしています。しかし、開発が噂されている「T310」はIntel製のチップと相互補完的な役割になることから、T1チップのように独立した存在にはならないようです。

このことから、より電力効率に優れ、さらに電池持ちが良くなる可能性があるということです。一方で、「T310」は低電力モードやメールチェックやアプリのアップデートなど、主に「スリープ」の時に動作する可能性が高いため、スリープ以外の時に、どのように動作するかによって電池持ちに対して影響を与えない可能性もあるということ。

こればかりは、実際に搭載されてみないとなんともいえないですよね。

 

最後に

ノートパソコンはやはり「バッテーリー」が一番重要です。近年は、充電環境が整ってきてはいますが、やはり、本体のバッテリーをより改善してほしいところです。新型のMacBook Proのバッテリー持続時間は「10時間」とだいぶ改善されましたが、あと2時間くらいはプラスでほしいところですよね。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧