驚愕のベゼルレススマートフォン「Mi Mix」の魅力!

以前の記事でも紹介しましたが、改めてMi Mixの魅力について触れたいと思います。中華系のスマホはコストパフォーマンスに優れている反面、どうもチープな印象が否めません。しかし、この機種に関しては、ハイスペックモデルであり、かつデザインもこだわりをもって作られています。今回は、後継機種の噂もでているので、それもあわせてまとめたいと思います。

 

以前の記事はこちらで!

 

スポンサードリンク



 

スペックのおさらい

OS Android6.0
CPU Snapdragon 821
RAM 4GB(上位モデルで6GBあり)
ROM 128GB(256GBモデルもあり)
ディスプレイ 6.4インチ 1920×1080フルHD
重さ 209g
バッテリー 4400mAh
リアカメラ 1600万画素
フロントカメラ 500万画素
LTE Band 1/2/3/4/5/7/8/38/39/40/41
SIM nano-SIM+nano-SIM 3G+4G同時待ち受け

 

主に気になるスペックをまとてみました。上記の写真でいうと、右側の機種が「上位モデル」です。上位モデルに関しては、RAMが6GBのストレージが256GBとまさにバケモノスペックです。その分、お値段もはります。買う場所によりますが、10万弱くらいするので、中華系スマホとしてはかなり高額です。

また、バッテリーも4400mAhとかなり大型のものを搭載しています。ハイスペックモデルだと、バッテリーが4000mAhを超えている機種は珍しいので、ありがたいですよね。

 

驚愕のベゼルレス

 

画面専有率が91.3%とまさにベゼルレスデザインです。フルHDとハイスペックモデルの中でやや物足りなさを感じてしまいますが、その分、ベゼルレスのおかげで、写真や動画には、かなりの迫力があります。画面比率が17:9とかなり縦長です。

ここまでのベゼルレス化を果たすかどうか分かりませんが、iPhone8にしろGalaxy S8にしろ、今後のハイスペックモデルのトレンドとして、ベゼルレス化はより勢いを増しそうですよね。

 

スポンサードリンク



高級感のあるデザイン

 

Mi Mixの筺体の素材は「セラミック」です。光沢のあるセラミックを採用しているため、指紋が目立ちやすいというデメリットはありますが、耐久性にかなり優れます。同じ、光沢のあるiPhone7のジェットブラックに比べ、摩耗にかなり強いです。

また、上位モデルのみ、カメラと指紋認証の周りを18Kのゴールドでアクセントをつけてあります。正直なところ、18kをわざわざ使う必要性があったのか、疑問にも思います。ユーザーとしては、使わない分、もう少し価格を抑えてほしかったという気持ちもあります。

 

前回の記事をさらに掘り下げた内容にしてみました。何より、高級感があり、特徴的なベゼルレスでインパクトのあるデザインとなっています。Xperia Z ultraと同じ6.4インチという液晶サイズなので、後継機種の選択肢としてありだと思います。

 

Mi Mix Evoの存在

 

GizChinaによると、Geekbenchベンチマークのデータベース上に、「Xiaomi MIX EVO」という未発表端末を確認できたことを報告しています。また、「ARMv8」アーキテクチャを採用するオクタコアを採用しているということは、snapdragon835を採用しているということになります。

この他に詳細なスペックは明らかになっていませんが、順当なスペックアップモデルになると思われます。早くても来月下旬に開催されるMWC 2017で発表される可能性があります。

 

 

最後に

Xperia Z ultraの後継機種として、注目している端末でありますが、それ以上に、この機種は、発売直後に即完売したという人気を誇る機種でもあります。今後は中華系のスマホは、コストパフォーマンス以上に、より特徴的なデザインかつハイスペックと面白い機種が続々と登場するかもしれませんね。

 

スポンサードリンク



 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧