iPhone8に搭載されるワイヤレス充電は独自開発か!?

iPhone8は、iPhoneシリーズとして、初めて「ワイヤレス充電」に対応すると言われています。iPhone8が搭載するワイヤレス充電は遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」ではないかという予測が出ていますが、今回はその予測を覆す情報がでたのでまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

ワイヤレス充電はApple独自開発の技術を搭載か!?

Copperfield Researchが投資家向けに配布したメモによると、Energous社が開発する遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」を採用する計画がないことが記述してあり、さらにその理由までが記述されています。

Copperfield Researchは、過去12件にのぼるインダクティブ充電技術の特許を独自調査し、この調査から、Appleは独自開発したインダクティブ充電を自社製品に搭載するのではないかと報告しています。

ここで気になるのはインダクティブ充電です。

 

電源から充電池へ金属接点や専用ケーブルなどを介さずに電力を供給する非接触充電の一方式。二つのコイルの一方に電流を流して磁力を発生させ、もう一方のコイルに電流が流れる電磁誘導という現象を利用するした充電方式のこと。

 

簡単に言えば、コイルを通して電磁誘導を発生させ、電源に接触することなく充電ができる非接触式充電方式のことです。

Appleは2013年以降、インダクティブ充電の開発を進めてきており、次期iPhone8には、Appleが独自開発したインダクティブ充電を搭載する可能性が高いとCopperfield Researchは結論づけています。

 

スポンサードリンク



 

インダクティブ充電を採用する根拠は!?

 

iPhone8がAppleの独自開発のインダクティブ充電を搭載する根拠として、iPhone8が新しくガラス製の筺体を採用することだとしています。少なくともインダクティブ充電を採用する場合、ガラス製の筺体を採用する必要はないのですが、現行で採用している、アルミの筐体は電波を通すことができず、充電することができません。

また、インダクティブ充電に必要なブリッジ整流器をLite-On Semiconductor製のものを採用するという、以上の2点を根拠に、Appleは少なくとも、Energous社が開発する遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」は採用しないだろうと結論づけています。

 

 最後に

遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」や今回情報としたApple独自開発のインダクティブ充電のどちらが採用されたとしても、iPhone8ではワイヤレス充電を搭載する可能性が高いと結論づけることができます。

Appleの最近の動向とプライドを考えれば、独自開発のインダクティブ充電を採用する可能性が高いと思いますよね。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧