Apple Watchで新機能「シアターモード」が利用可能に!?

本日公開されたiOS10.3が大きな注目を集めていますが、「macOS Sierra 10.12.4」のベータ版が公開されており、さらにAppleはwatchOS3.2のベータ版の配信内容も告知しています。今回はMacとApple Watchについてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

watchOS3.2の内容は!?

 

watchOS3.2の注目すべき内容は「シアターモード」の搭載と開発者向けである「Siriキット」の搭載です。

まず「シアターモード」ですが、設定するとサウンドがミュート状態になります。また他「手前に傾けてスリープ解除」もオフになります。このことからも映画館とか静かな場所での急に音がでるなど、周辺に迷惑をかけることは少なくなります。
一方で、バイブに関しては特に影響を受けないので、通知があった場合は、手首に振動を与えて教えてくれます。

次に「Siriキット」です。簡単に言えば、watchoSにSiriの開発ツールが組み込まれて、より両者の連携の向上が考えられます。Appleによると、Siriキットの統合により、「メッセージの送受信」や、「写真の検索」などがSiriを通してApple Watchでできるようになると考えられます。

 

 

スポンサードリンク



 

macOS Sierra 10.12.4の内容は!?

 

今回のベータ版の配信で、特に注目なのは、「Night Shift」の搭載です。

Night ShiftはiOSにはすでに搭載されている機能であり、今回Macがやっと対応したという形になります。Night Shiftモードは簡単に言えば、周囲の光の明るさに合わせて、自動的に本体の照度も調節してくれる機能です。

目の負担の軽減になるだけでなく、ブルーライト抑制の効果もあります。さらに今回Macに対応したことで、外付けディスプレイに同様にNight Shiftモードが適応されるので、外付けディスプレイで作業しているユーザーにとっても利便性が向上します。

 

最後に

今回、Mac、iPhone、Apple Watchと、Appleの主要製品すべてに新たなベータ版が配信されることになりました。また今回のベータ配信は、セキュリティーの向上やバグの修正が多かった前回に比べると、新しい新機能がかなり追加される結果になります。

過去記事でも書きましたが、これらのベータ版の本配信は、三月下旬頃になると思われます。次期イベントでは、もしかしたらiPad以外にも、何か発表されるかもと期待したいところです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧