「Air Podsを探す」機能を搭載!?次期iOS10.3のベータ版が公開!

開発者向けにですが、iOS10.3のベータ版が公開されました。微修正が多かった10.2に比べると、注目機能があります。それは「Air Podsを探す」機能です。今回はiOS10.3についてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

iOS10.3の概要

 

Air Podsを探す機能の追加。

Siriがより広範囲の情報への対応の強化。

設定アプリの新しいユーザーセキュリティセクションの採用。

新しいAPFSというファイルシステムを使用。

ポッドキャストがウィジェット機能に対応。

新機能「シアターモード」の追加。

CarPlayが直近3つのアプリに即時アクセス可能に。

 

特に今回注目されるのは「Air pods」を探す機能の追加です。紛失する可能性が一番のデメリットだったのですが、iOS10.3以降は、落とした場合でも探す手助けをしてくれるようになりました。

 

 

 

スポンサードリンク



 

Air podsを探す機能について

 

Air Podsを探す機能が動作する条件は、Air PodsがCloud上にマイデバイとして登録されていること。次に、Air PodsとiPhoneもしくはそれ以外のデバイスとBluetooth接続がされている状態であることの2点です。

iPhoneを探すアプリを通して、地図上に現在のAir Podsの場所を表示することができるようになりました。一方で、Bluetooth接続されていても認識する範囲はいいところ10m以内程度です。

やはり無くした直後に気づかないと厳しいことになります。ただ、今回のiOS10.3のように探す機能が追加されたのは非常に助かりますよね。

 

 

今回のiOS10.3のベータ版の公開のタイミング、去年のiOS9.3のベータ版の公開のタイミングとほぼ一致しています。iOS9.3の正式版の配信に合わせてiPad Pro9.7インチモデルが発売されています。

このことを考えると、iOS10.3が正式に配信されるのは3月下旬程度と考えられており、次期iPad Proのイベントに合わせることができるという憶測が出ています。

 

最後に

過去に「Finder for Airpods」というBuletoothの信号を利用してAirPodsを探せるアプリが公開されていましたが、後日、Apple Storeから削除されており話題になっていましたが、この削除に関しては、iOSで標準搭載する機能だったからこそ削除されたみたいですね。

本配信までは、後2ヶ月程度ありますが、パブッリクベータ版に登録されているユーザーには間も無く配信されると思います。

 

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧