次期iPhone「iPhone X」のコンセプト画像が公開!?

次期iPhoneは、iPhoneが発売して丁度10周年目の記念モデルになることから、iPhone8ではなく、iPhone Xという名称になるという情報もでてます。前回記事にしました、コンセプト画像とは、またちょっと違う雰囲気でありなが、前回と同様に今までの噂を忠実に再現しているので、ご紹介したいと思います。

前回の記事はこちらから!

 

 

スポンサードリンク



 

 

Smart Connectorの採用

 

次期iPhoneは、両面がガラスとなり、そのガラスを挟むよう、ステンレスフレームが採用されるという情報がでてます。今回は、その噂を忠実に再現しており、iPhone4のデザインをさらに洗練させたデザインとなっています。

また背面のところにSmart Connectorが採用されています。次期iPhoneはProモデルもでて、Apple Pencilに対応する可能性があるということですが、今回のコンセプト画像だと、さらにSmart Keyboardにも対応することになっています。

またデュアルレンズカメラが垂直型になるという噂も再現されています。ただこの垂直型のデュアルレンズカメラが採用されるという情報は、次期iPadについての情報だったので何ともいえませんけど。

 

 

カラーラインナップ!

 

今回のコンセプトモデルだと、ゴールド、シルバー、ローズゴールドとおなじみのラインナップになっています。

さらに黒系のカラーはガンメタルブラックとされています。ガンメタルブラックのほうは、ステンレスフレームの色が選べるようになっています。

今回のコンセプト画像だと、ガンメタルブラック以外はステンレスフレームが各色になっており、背面及び、全面も「」です。

度々噂にでるジェットホワイトモデルは、この背面のガラスの色が「白」から新色か!?という情報になったのではないのかと勘ぐってしまいます。

 

何より筺体の素材をガラスにすることで、今まであった樹脂ラインが消えて、デザイン的にもスッキリしてますよね。

 

 

スポンサードリンク



 

ホームボタンの廃止

 

ホームボタンの廃止はほぼ間違いないと思います。今回のコンセプト画像だと、本体下部の部分がスクリーンになっており、通知を確認できるようになってます。

ホームボタンの廃止に伴い、なんか寂しさを覚えるユーザーもいると思います。以前のiPhoneのホームボタンのスクエアマークが、Touch IDの搭載でなくなったときも、何か寂しさを覚えました。

次期iPhoneが発売されて、ユーザーがどのようなリアクションをとるのかも楽しみですよね。

 

今回のコンセプト画像をまとめた動画はこちらで!

 

最後に

前回ご紹介したコンセプト画像と結構雰囲気が異なっております。同じ噂や情報を元にコンセプト画像をつくっているはずなのに、デザインする人でここまで違う出来栄えになるのは面白いです。個人的には、前回のコンセプト画像の雰囲気がお気に入りです。

 

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧