iPhone8は新しい3D Touchを搭載化!?

ここ最近立て続けに新型iPhone8の情報がリークしています。今回はiPhone8に新しい3D Touch機能と新しい生体認証機能が追加されるという情報が入ったのでまとめたいと思います。

今までのiPhone8の情報はこちらで!

 

 

スポンサードリンク



 

新しい3D Touchが搭載化!?

 

アップルのリーク情報で有名なKGI証券のミンチー・クオ氏によると、より感度の高い3D Touch機能を持った、フレキシブル有機ELディスプレイを搭載すると報告しました。

3D Touchの仕組みは画面を押す強さによって、パソコンのマウスでいう「右クリック」のような機能です。この3D Touchの感度をより一層あげるために、従来のフレキシブルプリント基板からフィルムセンサーに変更すると報告しています。

ここで一つ問題になるのがフレキシブル有機ELの場合、3D Touchを使用しようと画面を押すと、画面がへこんでしまいます。そこで、新たにフィルムセンサーの下に、金属でへこまないような構造にすると報告しています。

有機ELディスプレイを搭載するのか!?という情報は以前からありましたが、今回の情報はかなり具体的になりました。またミンチー・クオ氏の報告から推測できるのが、やはり物理的ホームボタンが廃止される可能性は非常に高いと思います。

 

スポンサードリンク



 

新たな生体認証システムを搭載か!?

 

以前ご紹介した実に完成度の高いレンダリング画像では、iPhone8は指紋認証機能とは別に「虹彩認証」システムが搭載されると予想されていました。

ミンチー・クオ氏によると、「顔認証」システムを採用する可能性が高いと報告しています。ただ、この顔認証システムを採用するには、技術的なハードルが高く、次期iPhone8では、指紋認証をベースに「顔認証」を組み合わせた生体認証が搭載されるのではないのかと報告しています。

今回の報告の内容が実現すれば、少なくとも今後発表される商品は、大幅にベゼルレス化が進み、物理的なホームボタンは廃止されることになります。

また、MacBookとして初めてTouch IDが搭載されたMacBook Proですが、今後はTouch IDが廃止され、顔認証に統一されることも考えられます。

顔認証のシステムの搭載により、インカメラは大幅に性能が向上することもできますよね。副次的ではありますが、FaceTimeやセルフィーもさらに使いやすくなりそうです。

 

最後に

今回の情報は大分踏み込んだ内容になりました。一方で今回の有機ELディスプレイの搭載のように、同じような情報が立て続けに報告されるということは、iPhone8に搭載される可能性がかなり高いと考えられます。

例年だとそろそろ少量の生産を始める時期です。もしかしたら、実機の写真が流出するのももうすぐかもしれませんね。

 

 

スポンサードリンク



 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧