次期iPhoneの名称は!?iPhone8ではないのか!?

2017年に登場する新型のiPhoneは、マイナーアップデート版のiPhone7sとフルモデルチェンジを行うiPhone8の大きく2種類に分かれているという情報が多いです。一方で、このiPhone8に関しては異なる名称になるのではないのか?という情報もでてきました。そして2つ目として、iPhone8のワイヤレス充電の新しい情報が入ったので、この2点についてまとめたいと思います。

 

 

スポンサードリンク



 

新型iPhoneの名称は!?

情報源によりますと、周知の通り、次期iPhoneは初代iPhoneが発売して以来、記念すべき10周年目のモデルになります。このことから、次期iPhoneの名称に「X」がつくのではないのかと話題になっています。

「X」という名称に変更されるとして主に2つの理由があると報告しています。まず、一つ目の理由としては、競合他社であるSAMSUNGのGalaxy Sシリーズと同じナンバリングになっていること。そして2つ目の理由は、ナンバリングは10を超えると、ユーザーにとって分かりにくくなること。

確かに、Galaxy Sシリーズと同じナンバリングになっているのは気になりますが、AppleはSシリーズを、今までのことから考えるとはさむため、いずれにせよiPhoneとGalaxyではナンバリングがずれます。

また2つ目の理由として、10以上のナンバリングになると、分かりづらいですけど、Appleがこのような理由だけで、ナンバリングの規則性を変更するとは考えにくいと思います。

この情報は、どうも腑に落ちないので、噂程度で捉えておくのが一番無難ですね。

 

ワイヤレス充電がより強化される!?

 

以前記事にまとめましたが、iPhone8はワイヤレス充電に対応する可能性が高いです。また、この対応するワイヤレス充電は、Galaxyなどが搭載しているような置き型のワイヤレス充電ではない可能性もあります。

今回新しく分かった情報によると、Lite-On Semiconductorが次期iPhone用の高速ワイヤレス充電用のチップを提供するとDigitimesが報じています。

ワイヤレス充電は年々、充電スピードは改善されていますが、未だ、通常の充電器に比べるとスピードが遅いです。この問題はiPhoneにおいても懸念事項の一つでしたが、今回の情報で、少しだけ明るい兆しです。続報に期待したいところです。

 

スポンサードリンク



 

最後に

iPhoneの名称は、噂通り「iPhone8」の可能性がかなり高いと思います。ただ先ほども触れましたが、このままナンバリングを続けていって二桁のナンバリングになるときに、Appleがどのような名称にするのか楽しみです。

 

 

スポンサードリンク



 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧