次期Apple Pencilはケース不要に!?

Appleが初めて発売したApple Pencilですが、ユーザーの多くは持ち運びに困っていると思います。何よりiPad Proの純正ケースにApple Pencilを収納する場所もなく、さらにApple Pencil専用の純正ケースも存在していません。今回は、次期Apple Pencilの情報が入ったのでまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

次期Apple Pencilはマグネット式に!?

Appleの特許関連の情報に長けているPatently Appleによると、今回新しく分かった特許技術は、Apple Pencil自体に磁石を内蔵させ、ケースや本体に取り付けることができる内容だそうです。

また同じタイミングで、Apple Pencil自体に3Dアンテナも内蔵させる特許も明らかになっています。この3Dアンテナがどのような機能を果たすのか、詳細は分かっていませんが、よりApple Pencilの精度が改善されることが考えられます。

実際にApple Pencilを持つと分かりますが、思ってた以上に大きく、がさばります。だからこそ、iPad Proのケースに収納できるか、iPad Proと一緒に持ち運べるのが理想ですよね。この特許が実現化してくれることを期待します。

 

スポンサードリンク



 

Air Podsの特許が明らかに!?

まず、驚きなのが、専用の充電ケースが重要な役割を果たしていることです。Android携帯電話のように、独自のマイクロプロセッサと通信システムを搭載しています。また、Apple製品や他者メーカーとBluetoothペアリングするためのボタンが背面に搭載されています。

またペアリング中は、AirPodとケースの間で、暗号化された通信を行なっています。これにより大幅なセキュリティー強化に繋がっており、盗聴などの防止に役立っているそうです。

 

何よりAirPodsを利用する上で特に便利だと思う機能は、同じのApple IDでiCloud上に署名したすべてのAppleデバイス上ですぐに利用可能になることですよね。今回の特許で明らかになったのは、Air Podsにおいて一番重要な役割を果たしているのは、本体ではなく、通信システムが密集している専用ケースのほうだということです。

http://gazyekichi.com/2016/12/19/air-pods%e3%81%ae%e5%ba%97%e9%a0%ad%e7%99%ba%e5%a3%b2%e3%81%af%e6%9c%ac%e6%97%a5%e3%81%8b%e3%82%89%e3%81%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f/

 

最後に

Apple Pencilにしろ、Air Podsにしろ、思った以上にAppleの技術が集約されていることが特許の申請から分かります。少なくともAir Podsのペアリングの技術は、Air Pods本体に内蔵されているW1チップによるものだと思っていました。

Appleは多くの特許技術を申請していますが、そのすべてを商品に反映させているわけではありません。今回明らかになったApple Pencilの特許技術はぜひ実現してほしいと期待しています。

 

http://gazyekichi.com/2017/01/12/beats%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%a4%e3%83%a4%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%80%8cbeats-x%e3%80%8d%e3%80%80%e7%99%ba%e5%a3%b2%e6%97%a5%e7%a2%ba%e5%ae%9a%e3%81%8b%ef%bc%81%ef%bc%9f/

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧