新型iPhone8は防水機能をさらに強化か!?

iPhone7シリーズで初めて、防水機能を搭載しました。しかし厳密にいうと、これは耐水機能と呼ばれています。次期iPhone8は耐水機能が強化されるという情報も入ったので、今回はこの耐水機能をまとめたいと思います。

 

スポンサードリンク



 

耐水機能と防水機能

国内ではXperiaを代表するように、防水機能を搭載しているスマホがかなり普及しています。一方でiPhone7はIP67相当の耐水機能です。

この数字の見方ですが「IP」に続く2桁の数字の左側が「防塵」についての等級、右側の数字が「防水」についての等級になっています。つまり、iPhone7は「IP67」なので、防塵性能が「6等級」、防水性能が「7等級」になります。

では、この等級を細かくみていきます。まず、防塵性能の6等級ですが、「粉塵が内部に侵入しない」という意味です。次に防水性能の7等級ですが、「真水かつ常温で水深1mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置した後に取り出しだしても正常に動作する」という意味です。

このことからも、お風呂や海、プールでの使用は控えた方が賢明です。iPhoneが防水機能を搭載したから、お風呂や海で使っても大丈夫と解釈しているユーザーが多いのも現状です。簡単にいえば、お風呂は常温ではなく、海やプールは真水じゃないからです。

また共通していえますが、Androidの防水対応しているスマホも安易にお風呂や海で使うのは危険です。さらに、湿度や湿気にも弱いので、やはりお風呂での使用は、特に注意したほうがよさそうですね。

 

スポンサードリンク



 

新型iPhone8の防水機能が強化へ!?

韓国メディアThe Investorが、匿名の業界関係者から得た情報として、IP68等級適合の防水防塵規格モデルとなる可能性が高いということです。

このIP68の意味は、防塵機能は6等級であり、先ほどと同じ、粉塵が内部に侵入しないという意味です。一方で防水性能の等級が8に強化されています。

防水機能における8等級は「連続的に水中に置いても有害な影響がない。」という規定になっています。iPhone8は今まで以上に耐水性能が強化されていることになりますね。

 

最後に

iPhone8で耐水性能が強化されるのは嬉しいです。ちょっとした不注意によってiPhone本体が濡れてしまっても、故障する可能性がかなり低いです。一方で、やはり、お風呂やプールなどでの使用は控えたほうが賢明です。何より、水没による故障は保証の対象外なので、不用意に自らiPhoneを濡らすことは避けたほうがいいです。

http://gazyekichi.com/2016/11/30/%e6%96%b0%e5%9e%8biphone8%e3%81%af5%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e5%b1%95%e9%96%8b%e3%81%ab%ef%bc%81%ef%bc%9f%ef%bc%8811-30%ef%bc%89/

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧