次期MacBook Proはあの液晶は搭載か!?

約4年ぶりのフルモデルチェンジとなった新型のMacBook Proですが、もうすでに次期モデルの情報が回っています。また一方で深刻な不具合も生じています。今回は、次期MacBook Proの情報と、深刻な不具合にふれたいと思います。

スポンサードリンク



 

新型MacBook Proの不具合

発売直後から、一部のユーザーから画面の表示が乱れるという報告がされています。原因は特定ができておらず、Appleのほうでも修理を受け付けてくれないそうです。ここで問題なのが、画面表示の不具合に最も関係しそうなのはGPUです。GPUの不具合での修理を受けつけてくれないなら分かりますが、新型MacBook Proの修理自体を受け付けてくれないそうです

OSの問題なのか、ハードの問題なのか分かりませんが、修理自体を受けつけてくれないことを考えると、事態は思ったより深刻なのかもしれません。アップデートで改善するといいですが、大金叩いて買った商品がバクだらけってのもいただけないですよね。
スポンサードリンク



次期MacBook ProにIGZO液晶の搭載か!?

次期MacBook ProにSHARPの代名詞とも呼べる液晶、IGZOが搭載されるということです。以前の記事にも書きましたが、このIGZO液晶が初めて搭載されたのは、iPad 3だと言われています。

http://gazyekichi.com/2016/11/25/apple%e5%95%86%e5%93%81%e3%81%ae%e6%a9%9f%e8%83%bd%e5%88%b6%e9%99%90/

iPad3の液晶のサプライヤーは、SHARPの他にSAMSUNGやジャパンディスプレイだったと言われていますが、サプライヤーによって液晶に差がつかないように、IGZOの機能を制限して出荷したと言われています。

さて、このIGZOですが、最大の特徴は「高精細化」と「低消費電力化」です。次期MacBook Proに搭載することで、より高コントラストになり、よりバッテリー時間も改善されると考えられるます。

MacBook Proに4K液晶の搭載が待望されていますが、対応への布石かもしれません。ただ、4K液晶に対応するためには、バッテリーの改善が最優先です。

ソニーが発売したXperia Z5 premiumも世界初の4K対応スマホとはなっていますが、常時4Kにしているわけではなく、対応しているアプリで写真や動画を見るときに4Kにしています。やはり、バッテリーとの兼ね合いだそうです。


最後に

大型のリニューアルを果たした後のAppleの商品って、本当にバクが多いですよね。今回もAppleもお手上げの状態みたいなので、ユーザーはただ待つことしかできませんね。

次期モデルがIGZOを搭載するのは、順当な進歩だと思います。ただ、次期モデルのことを考えつつも、今はMacBook Proに起きている表示バクを全力で解決してほしいですよね。

 

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧