iPhone8に搭載!?ナンセンスか!?革新的か!?

年末からiPhone8の情報が活発化してきております。早いと2月頃にはモックアップが流出したりするので、Appleの中でiPhone8の方向性はもう明確化していると思います。iPhone8の情報をまとめたいと思います。まずはこの記事のチェックを!

次期iPhoneは5モデル展開に!?(追記あり)

スポンサードリンク



iPhone8は高画質化か!?

iPhone8シリーズで最大サイズをほこる5.8インチモデルのみ、日本写真印刷のタッチセンサーが組み込まれたAMOLED液晶を搭載するといわれてます。また、この液晶を事前情報通り、SAMSUNGが独占供給するという話です。

ちなみにAMOLED液晶は普通の液晶と比較すると、液晶自らが発光するため高コントラストで表示することができ、省電力にも優れています。他の4.7インチと5.0インチモデルはAMOLED液晶を搭載するかは分かりませんが、有機ELディスプレイを搭載することはほぼ確定だと思います。

iPhone8に向けてユーザーは買い控えか!?

2017年1月から3月にかけて、AppleはiPhoneの生産を前年同期比で1割程度絞るとされています。日本では、Apple Payの対応でも好調に見えますが、世界規模で見ると日本市場の割合は1割程度なので、好調とはいえない状態です。

Galaxy Note7の炎上騒ぎで、ユーザーの一部がiPhone7plusに乗り換えたとされていますが、その効果も限定的だったとされています。

Galaxyのことが気になるかたはこちらで!

またGALAXY。。。飛行機内で爆発!?

一方でAppleはスマホの買い替えサイクルが2年周期から3年周期に変化しているとしています。爆発的に売れたiPhone6のユーザーが丁度3年にあたるiPhone8は爆発的に売れるという情報もあります。

スポンサードリンク




まさかiPhoneに搭載か!?

Appleの特許技術の中から驚くべきものが見つかりました。iPhoneやiPadに「デジタルクラウン」を搭載させるというものです。どのようなインターフェイスで使い勝手になるか詳細は分かっていません。ただ、感圧式のフィードバックと合わせての操作という感じになりそうです。

iPhone7では、正直革新的な進化とは言えませんでしたが、iPhone8では革新的な進化をしてくれることを期待しています。ワイヤレス充電や、有機ELディスプレイなど、最先端の技術ではないのですが、Appleがどのようなアピールや見せ方をしてくるのが楽しみです。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧