GALAXY Noteは廃止か!?SAMSUNGの決断は!?

galaxy S7 edgeの評価は非常に高く、また実際にユーザーからの満足度も高いです。その期待の流れの中で登場したGalaxy Note7はまさかの炎上騒ぎで、完全に生産停止。多くのユーザーは失念させました。また、棚からぼた餅ではないですが、Galaxy Note7を楽しみにしていたユーザーはiPhone7 plusを購買するなど、Appleにとっては嬉しい誤算となりました。

ちなみに炎上騒ぎについてはこちらで!!

またGALAXY。。。飛行機内で爆発!?

スポンサードリンク



Galaxy S8にかける期待

例年だと、年明け直後か、遅くても2月中に発表されるSシリーズですが、今回は発表時期が遅れそうです。SAMSUNGとしては失墜した信頼・名誉を回復させるたの重要な機種になります。今回は新たにスペックが流出したのでまとめます。

ちなみに、こちらの記事も参考に!

GALAXY S8 例年より発売時期が遅れそう。(追記あり)

スペックはかなり進化しています。

①10nmプロセスルールで開発された新型プロセッサーの採用。

②RAMに8Gと大容量の採用

③「UFS2.1」に準拠したストレージの採用

もし、この噂通りで発売されれば、世界初のスペックがてんこ盛りの機種になります。10nmプロセスルールで製造されるプロセッサーは次期iPadにも搭載されるとしてます。ただ、一方で製造がかなり遅れている話もあるので、これはiPadの問題だけではなく、GALAXYにも波及しそうですけどね。

スポンサードリンク



Galaxy S8 Plusの登場か!?

Galaxy Note7の穴を補うため、今回はplusモデルを発売するという情報があります。以前まではSシリーズでも、edgeかどうかで、画面サイズが異なる場合はありましたが、今回は明確に区別されるということになります。

画面サイズは6.0インチ

Noteシリーズとの差別化でスタライスペンを採用しない

まだ具体的に分かっていませんが、ハイスペックファブレットモデルとして登場することになりそうです。また、SAMSUNGはこのS8シリーズに切り札を投入しそうです。

「Bixby」をOSレベルで統合する

Bixbyとはバーチャルアシスタントシステムのことです。何よりこのBixbyの元になっているVivを開発したのが、Siriの生みの親」である開発者チームです。Appleから独立して、Vivという新たなアシスタントシステムを開発していたところ、SAMSUNGによって買収され、Bixbyとして生まれ変わりました。

この切り札によって、GalaxyとiPhoneは音声アシスタントシステムにおいても、熾烈な争いが展開されそうですね。ファブレットのパイオニアとして業界をリードしてきたNoteシリーズを補うために発売されるplusモデルが、今後どのような展開になっていくのか楽しみです。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧