ジョブズは予言していたのか?MacBook ProとApple

今日のAppleの成功は、間違いなく創業者の一人、スティーブ・ジョブズによるものだと思います。このジョブズが20年前に残したメッセージと現在のAppleが重なると話題になっております。

スポンサードリンク



スティーブ・ジョブズはAppleに再度復帰した後、それまでのAppleの失敗をこう語っております。

素晴らしい製品を作ることではなく、利益を第一優先にしたからだ

スティーブ・ジョブズはAppleの創業当時から、一切の妥協をせず、「最高の製品」を作ることに全力を注いでいました。AppleⅡは大成功し、会社の規模拡大に繋がる、莫大な利益を生み出しましたが、リサやMacintoshなどは、こだわりすぎた故に、原価コストが大幅に上がり、つまり販売価格がものすごく高くなり、全く売れませんでした。それでも、スティーブ・ジョブズは最高の製品を作ることに一切妥協をすることはなく、次なる最高の製品を作る途中で追放されました。

スティーブ・ジョブズはこうも語っています。

私たちは利益を出すのが大好きなんだ

つまり、最高の製品をつくるためには、利益を生み出さなければいけない。だからこそ利益を追求しなければならない。だが、利益を追求するばかりに、最高の製品を作ることを後回しにしていけない。

なぜ、このメッセージが今話題になっているかというと最近発表されたレポートから来ています。

先日、消費者団体専門誌「コンシューマ・リポート」は新型MacBookProの評価テストを行いました。その結果、新型MacBook Proに「推奨」を与えないとしました。「推奨」を与えない最大の原因となったのは「バッテリーの持続時間にばらつきがある」からです。

通常の複数回のバッテリーテストを行った場合、せいぜい誤差は5%程度とされています。しかし、MacBook Proはかなり大きな誤差があり、さらにバッテリーに関しては、Appleのサポートセンターにも苦情が入ってるくらいです。

ちなみに、MacBookが推奨を得られなかったのは初めてです

もちろん、Appleはこの評価テストに反論していますが、Appleが納得するような評価は得られていません。また、MacBook Proを年内に発売することを優先したため、「バッテリーの駆動時間を伸ばすことを諦めた」とニュースサイトBGRは報道しています。

新型MacBook Proの発売による利益を優先し、バッテリー駆動時間を犠牲にした。つまり、最高の製品ではないと、先のスティーブ・ジョブズに重なるとされています。

真意はわかりませんが、ユーザーの満足度を最大限にするために大幅なリニューアルをした新型のMacBook Proは間違いなく良い製品だと思います。

使いやすさを重視!!新型MacBookProの魅力

ただバッテリーという一つの妥協がスティーブ・ジョブズのいう「最高の製品」になり得なかったのかもしれません。

世界をリードする大企業に成長したAppleは毎年数々の素晴らしい商品を世に送り出しています。だからこそ、20年前のスティーブ・ジョブズの言葉に重なるような失敗をしないようにしてほしいと思います。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧