アップデートで爆音シャッターは消せる!?

iPhone7シリーズからステレオスピーカになり、音質が格段に向上しました。映画など動画を見るときや、音楽を聴く時には、もってこいの機能ですよね。しかし、その副作用として、カメラのシャッター音やスクリーンショットの撮影音がバカみたく大きな音になってしまいました。今回は、このシャッター音についてふれたいと思います。

スポンサードリンク



iOS10.2へのアップデート

新しく配信されたiOS10.2により、カメラのシャッター音は従来通り消せないのですが、スクリーンショットの音量は調節または消音化することができるようになりました。マナーモード及び、音量ボタンで音量を0にすることで消音化することができます。また、音量ボタンの音量に合わせてスクリーンショットの音量も変化していきます。

今までは、電車の中や、比較的静かなところで、スクリーンショットを撮りたいだけなのに、周囲の人から不審な目で見られるということが少なからずあったと思います。今後はマナーモードにするだけで、消音化することができるので、場所選ばず、スクリーンショットを撮ることができますよね。

ただ、以前としてカメラのシャッター音は消すことはできないです。犯罪防止の観点から、日本独自の使用ですが、今や無音カメラや微音カメラなどのアプリがかなり普及している中、シャッター音にこだわる必要性はないと思います。少し前までは、アクセシビリティから消音化できるバクがあったのですが、アップデートによりバクが処理されてしまいました。カメラのシャッター音が嫌だというだけで、グローバルモデルのiPhoneを買う人がいるくらいですからね。ここは気長に、シャッター音を消音化できる日を待ちたいと思います。

ちなみに、開発者やベータプログラムの利用者に配信されている最新のiOS10.2 beta3では、以下の変更点があります。

①ビデオアプリが「TVアプリ」に統合されている。

②メッセージに「Send With Love」というメッセージエフェクトの追加

③インド以外におけるSOS機能の停止。

少なくともiOS10.3が配信されるのは、まだまだ先の話ですが、確実に良くなっています。iOS10においては、目玉の機能がもう配信されてしまい、確実な改良を繰り返すだけなので、今後はiOS11が発表されると言われている来年の6月を楽しみに待つ今日この頃です。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧