Apple Watch series2でSuicaを使ってみた!?

物欲に負けて購入したApple Watch series2でApple Payを数日間使ってみたので、ちょっときになったことを今回はまとめてみたいと思います。ただ前提として、私自身、iPhone7 plusとiPhone SEの2台持ちをしていて、Apple WatchをペアリングしているのはiPhone SEという使い方をしています。
スポンサードリンク




Apple Watch series2の使用感

気になったことを簡単にまとめてます。
①カタログスペック以上に電池持ちがいい。
②厚さより重さのほうが気になる。
③Suicaの感度は思ったより悪い。
④アップデートのタイミングにあたると最悪。

電池持ちはかなり改善していると実感します。自分の使い方だと、LINE意外のSNS機能の通知はすべてオフにしています。その上で、series0と同じを使い方をしてみます。すると、夜の時点で、series0は40%前後くらいなのですが、series2だと、80%前後残っています。ほぼ、電池持ちが2倍だと思います。

ユーザーの使い方によりますが、自分の使い方だと、間違いなく2日間は持ちます。Apple Pay自体が、端末の電池がきれてしまうと使えなくなるので、自分にとってはその辺は心配なさそうです。

以前の記事でも触れましたが、series0より地味に分厚くなっています。きになる方はチェックを!!

Apple Watch series2を買うべきか!?

厚みに関しては、series0と並べて比較しない限りは、ほとんど気にしないレベルだと思いますが、重さは思ったより気になります。0.4gの差なのですが、意外と重く感じます。もしseries0を使っていた人、特に女性のユーザーは購入前に重さを確認しておいてほうがいいと思います。

スポンサードリンク



さて、肝心のApple Payですが、少なくともSuicaの感度は悪いと思います。iPhone7シリーズだと、改札を通過する時に、歩きながらかざせば、ちゃんと認識してくれますが、Apple Watchの場合、改札のところで、タッチまで必要はないと思いますが、一回止まってからかざしたほうがいいと思います。

さらに、バスに乗車時にSuicaをタッチをするときは、もっと認識が悪いと感じました。Suicaを使用すると、本体の画面とバイブレーションでフィードバックがあります。このフィードバックもiPhoneに比べると、Apple Watchのほうが遅いです。フィードバックが遅くて、ちゃんと改札を認識したか気になる方は、改札通過時に改札機本体に残高が表示されているか確認するか、Apple Watchのマナーモードをはずしておくかがいいと思います。特に、改札通過時に、Apple Watchがマナーモードじゃないと、AppleのCMでお馴染みのピコン!という音がなるので分かりやすいかもしれません。

一度だけしか、遭遇していないのですが、Apple PayのアップデートをApple Watchが行なっている時があります。このタイミングの時はApple Payが使えません。1分程度経過すると、アップデートが終わりまた使えるようになります。いつアップデートが行われるかわからないので、特に通勤時間帯など、混雑する時間帯は、できるだけ人が集中していない改札を通過したほうがいいかもしれませんね。

 

Apple Payの登録

もともとiPhone7plusでApple Payを使用していました。その時は、SuicaとiD対応のクレジットカードを一枚ずつ登録していました。今回、Apple Watch series2の購入に伴い、もともとseries0をペアリングしていたのが、iPhone SEだったため、series2も同様にiPhone SEにペアリングしてApple Payを使用と思いましたが、ちょっとだけ苦労しました。その過程で新たな発見ができたのでふれてみたいと思います。

Apple WatchへのApple Payの登録する上で次のようにしました。前提として、Apple PayのデーターがiCloudに保存されていることが前提です。

①iPhone7plusからSuicaのカードのデータを削除する

②iPhone SEのWatchアプリからSuicaのデータをiCloudからダウンロードする。

簡単に言えば、iPhoneからiPhoneへのApple Payの機種変更手続きですよね。この移行手続きの時に気づいたことがあります。iPhone SEはApple Payに対応しているとはいえ、実店舗での決済に対応していません。つまり、純粋にApple Payに対応しているクレジットカードしか登録することができません。

そうなると、VISAのクレジットカードが登録できません。しかし、もともと、iPhone7plusでSuicaのチャージを行う時は、Apple Payでチャージをするのではなく、「クレジットカード」の項目でチャージをしていました。この時、「クレジットカード」に登録していたカードはVISAのカードです。

この登録データをApple Watchにそのまま移行させているため、iPhone SEではVISAカードによるSuicaのチャージを対応していないにも関わらず、SuicaアプリでVISAのカードを使用できることに気づきました。ただし、もともとiPhone SEでは対応していないので、SuicaにチャージするクレジットカードはVISAのカードから他のVISAのカードに変更したい場合、一度iPhone7にデータを戻して、iPhone7上のSuicaアプリでクレジットカードの登録変更を行う必要があると思います。

もし、自分と同じような条件の方でVISAを使いたい方がいれば、試してみてください。私は、定期をデビットカードで買っているので、引き続き、VISAのカードが使えるのはありがたいののです。

 

最後に

まだ使い始めて、数日間しか経っていませんし、思うところもありますけど、確実に便利です。手首だけでことが済ませられるの本当に楽です。あとは、世間にApple Watchを持っている人や知っているけど、見たことない人が多いのは事実です。まして、Apple Watchで決済をしている人は尚更珍しいとおもいます。目立ちたがり屋の人には、ちょっとApple Watchはいいかもしれません。Apple Watchで改札通過するだけでちょっと視線を集めるので。もっとApple Watchの良さや利便性を追求していきたいこの頃です。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧