Xperiaと発熱

スマホで長時間ゲームとかすると、すごい発熱しますよね。内部温度が50度超えてくるので、スマホを持ってるだけでかなり熱く感じます。今回は発熱についてふれたいと思います。

スポンサードリンク



Xperiaの発熱対策

発熱でここ近年で大きな騒ぎになったのは、クアルコム製のsnapdragon810です。日本でいうと、主に2015年の春夏モデルがこのプロッセサーを搭載していました。8コア搭載し、4コアは省電力機能で、残り4コアは処理機能と、コアを効率よく作業分担し、また一つの役割で4コアも搭載していたので、機能性がかなり高いと期待されていました。しかし、snapdragon810を搭載した先行モデルのレビューから、徐々に不穏な空気が漂い始めました。「発熱の問題を解決しきれていない」と。スマホが発熱しすぎると、本体を守るため、クロックダウンします。つまり、意図的に処理性能を落とすのです。その結果、アプリの強制終了や、動作ががたついたりと、ユーザーにストレスを与える結果になってしまいます。また、発熱が原因で「熱暴走」が起きてしまうと、電池もかなり消費されてしまいます。結果、snapdragon810を搭載したことによって、スマホ自体の評判・評価も下がってしまう結果になってしまいます。ここ最近だと、「Xperia Z4」が搭載機種の中でも、特に評判が悪かったです。Xperiaの象徴の一つである、カメラ機能が発熱によりまともに動作しづらく、写真を数枚とると強制終了してしまうとか、4Kビデオが数秒しか使えないとか、高性能のカメラが逆に欠点となる結果になってしまいました。また、ソニー自身は、Xperiaのアップデートの周期をiPhoneやGALAXYのように、1年に1回にしたいと考えております。ですが、XperiaZ4はキャリアの意向によって発売したと考えられます。現に、XperiaZ4のグローバルモデルは「XperiaZ3+」という名称になってます。このことからも、新型プロッセサーであるsnapdragon810を搭載した機種を開発してほしいというキャリアの意向に合わせた結果、十分な発熱対策もできず、結果、Xperiaシリーズの中でも短命に終わる機種となってしまいました。また、ソニーはXperia Z4には「Zシリーズの完成形」とキャッチコピーをつけているのですが、後に発表されたZ5には「究極の集大成」とキャッチコピーをつけています。個人的な主観ですが、キャッチコピーでも迷走しているというか、Z4の立ち位置がわからなくなったというか。。。

続く、Z5では、同様にsnapdragon810を採用しています。2015年秋冬モデルの中で、競合他社はsnapdragon810の採用を見送っている中、SONYは採用しました。主に理由は二つあります。一つ目はsnapdragon810が熱対策をされたらversion2に進化していたこと。2つ目の理由は、XperiaZ5シリーズ本体の冷却システムを強化したことです。本体の冷却システムとして、「ヒートパイプ」があります。このヒートパイプを2倍に強化しました。結果的、ベンチマークのテストなどで負荷をかけた場合の発熱をだいぶ抑制されるようになったんですが、個人的な使用感としては、普通に発熱します。寧ろ、熱暴走していました。仕事中にポケットの中に入れていると、圧迫され、カメラが起動し、ポケットの中をひたすら撮影してました。結果、ちょっとホラー的な写真もとれました。また、外気温が上昇する、春以降は、発熱がひどく、電池持ちも最悪でした。ただ、Xperia Xシリーズからは、ハイスペックモデルは、snapdragon820を採用し、発熱問題はかなり解消されています。また本体の冷却精度をあげるため、材質をガラスから、アルミに変更しています。

 

galaxy note7の発煙問題

本体の発熱が原因で発煙及び爆発し、世界的に大騒ぎとなった、galaxy note7のリコール問題ですが、最初、サムスンの調査結果は、一部の端末に搭載されている「バッテリー」に問題があったとしていました。そのため、対象機種を回収することを決定しました。しかし、その対象機種以外でも、発煙・爆発がおき、完全にリコールとなりました。特に、航空機では、持ち込みを完全に禁止するなど、スマホではなく、完全に危険物扱いとされてしまいました。中には、愛車である「ジープ」の中に置いておいたら、ジープごと炎上したという可哀想な人もいました。最近の調査結果では、「設計上の根本的な問題」としています。簡単にいえば、筐体内部に部品を隙間なく詰め込んだため、バッテリーが常に圧迫され、+と-の電極を隔離するセパレーター(隔離板)が損傷しやすい状態にあり、両電極が接触すると熱が発生し、これが最終的に出火する原因になったそうです。SAMSUNGが競争力を保つために「極端にアグレッシブ」なデザインを採用したことが、逆に大きな損失を計上し、その結果、2016の第3四半期では世界で最も大きな収益を上げるアンドロイド端末メーカーの座を中国のファーウェイに奪われてしまいました。galaxy s7から、積極的な宣伝で、人気を博していたところ残念な結果です。正直なところ、iPhone7が大幅なモデルチェンジを見送り、galaxy note7がリコールで、Xperiaがチャンスだと思ったのですが。Xperia XZに個人的にはもうちょっとインパクトがほしかったところです。

 

今回はスマホの発熱問題に触れてみました。日常使用するものだからこそ、気になる問題ですよね、近年のiPhoneは以前と比べると、発熱が感じやすくなっています。次期iPhone8は、ガラスを採用するといわれています。ガラスは熱を通しづらい材質、さらに防水機能の向上で、排熱する場所が減っています。iPhone本体の発熱対策も気になるところでおわりたいと思います。

スポンサードリンク



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧